Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM 2494/95) Roscoe Mitchell: Bells For The South Side (2015) 精緻な音の空間

f:id:kanazawajazzdays:20170708195355j:plain

ボクはAEOC関連のアルバムについては、ブリジット・フォンテーヌでしか聴いていなくて、極めて縁が薄い。だから、このアルバムが彼らの過去の業績に照らしそうか、なんてことは書けない。むしろ、ソーリーとかテイボーンとかの参加が気になっていた。

AEOCについては苦い思い出がある。1984年の横浜公演のとき、当日券があるだろうと思い、関内ホールまで出かけた。当日券がない、と知ってがっかり。ホールの中の賑やかな音を後ろに、仕方なくエアジンに入った。その帰り、関内ホールから出てくる人々を見て、どれだけ悔しかったことか。永遠に彼らの音楽を体験する機会を失ったのだ。

そんなことを考えながら、このアルバムを聴きはじめたが、ロスコー・ミッチェルが何者であるか、そんなことは意識の外に出て、ソーリーやテイボーンのアルバムと同じく、精緻な音の空間が構築されていく様を楽しむことができた。

アルバムタイトルの「ベル」が何の隠喩なのかは知らないが(ライナーも読んでいない)、節目節目で響くベル。とても疎な音空間から、密度の高い音まで、色彩豊かで変化に富んだ音が続く。ロスコー・ミッチェルのサックスは点景の一つであり、モダン・ジャズから現代音楽までの語法で、様々な奏者の様々な音が整然と綴られている。

とても大きな世界観を感じるのだけど、それは何だろうか。気になって、仕方がない。

  

Bells for the South Side

Bells for the South Side

  • ロスコー・ミッチェル
  • ジャズ
  • ¥2500

 

MITCHELL, ROSCOE

MITCHELL, ROSCOE

 

--------------------------------------------------------------------

(ECM 2494/95) Roscoe Mitchell: Bells For The South Side (2015)
(DISC 1)
1. Spatial Aspects Of The Sound (Roscoe Mitchell)12:14
2. Panoply (Roscoe Mitchell)7:37
3. Prelude To A Rose (Roscoe Mitchell)12:45
4. Dancing In The Canyon(Craig Taborn, Kikanju Baku)10:24
5. EP 7849 (Roscoe Mitchell)8:14
6. Bells For The South Side (Roscoe Mitchell)12:36
(DISC 2)
1. Prelude To The Card Game, Cards For Drums, And The Final Hand (Roscoe Mitchell)16:03
2. The Last Chord (Roscoe Mitchell)12:27
3. Six Gongs And Two Woodblocks (Roscoe Mitchell)7:50
4. R509A Twenty B (Roscoe Mitchell)1:34
5. Red Moon In The Sky / Odwalla (Roscoe Mitchell)25:49
Percussion, Bells [Tubular Bells], Glockenspiel, Vibraphone, Marimba, Rototoms, Cymbal [Cymbals], Bass Drum, Wood Block [Woodblocks], Timpani – William Winant (tracks: 1-1, 1-2, 1-5, 1-6, 2-2 to 2-5)
Piano, Organ, Electronics – Craig Taborn (tracks: 1-1, 1-2, 1-4 to 1-6, 2-2, 2-5)
Sopranino Saxophone, Alto Saxophone, Alto Clarinet [Contra-Alto Clarinet], Electronics – James Fei (tracks: 1-1, 1-2, 1-5, 1-6, 2-2 to 2-5)
Sopranino Saxophone, Soprano Saxophone, Alto Saxophone, Bass Saxophone, Flute, Piccolo Flute, Recorder [Bass Recorder], Percussion, Composed By, Liner Notes – Roscoe Mitchell
Trombone, Piano, Drums, Percussion – Tyshawn Sorey (tracks: 1-1 to 1-3, 1-5, 1-6, 2-2, 2-5)
Trumpet, Piccolo Trumpet – Hugh Ragin (tracks: 1-1 to 1-3, 1-5, 1-6, 2-2, 2-5)
Double Bass, Bass Guitar, Percussion: Jaribu Shahid (tracks: 1-1, 1-2, 1-5, 1-6, 2-1, 2-2, 2-5)
Drums, Percussion: Kikanju Baku (tracks: 1-1, 1-2, 1-4 to 1-6, 2-2, 2-5), Tani Tabbal (tracks: 1-1, 1-2, 1-5, 1-6, 2-1, 2-2, 2-5)

Design: Sascha Kleis
Photograph: Paul Esposito, Susanna Ronner, Wendy L. Nelson
Mastered by Nicolas Baillard
Mixed by Gérard De Haro
Recorded by David Zuchowski, Steve Lake
Producer: Steve Lake
Recorded September 2015 at Museum of Contemporary Art Chicago [on the occasion of the AACM’s 50th anniversary].
Mixed May 2016