Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Misha Mengelberg: Senne Sing Song (2005) ストンと逸脱する瞬間のスリル

f:id:kanazawajazzdays:20170630073824j:plain

先日、久しぶりにミシャを聴いて、猛烈に聴きたくなってクリック。昨日、到着。

これはWho's Bridge(1994)やNo idea(1996) に連なる「一見(聴?)」正統的なピアノ トリオ。ドルフィーとの共演ピアニストに足る強靱なビート感覚でスィングさせる素振りを見せながら、ストンと逸脱する瞬間のスリルを与える演奏。と云っても、その微妙な逸脱感の微妙さの制御が、とても絶妙で、やはり巧いピアニストだよなあ、と思わせる。

残念なのは、録音がややデッド気味で、彼のピアノの音響的な良さを押し殺しているようにも思う。昔のRVG的。今のIntaktくらいの感じで録音すると、いいだろうなと思う。ECMだと、ピアノの音の輪郭が滲むしね。

 

Senne Sing Song

Senne Sing Song

 

 ----------------------------------------------------------------

Misha Mengelberg; Senne Sing Song (2005, Tzadik )
1. Hypo Xmas Tree Fuzz 6:23
2. We Are Going Out For Italian 8:33
3. Kwela P Kwana 6:03
4. Blues For Piet 7:00
5. Reef Und Kneebus 7:01
6. Brozziman 6:34
7. Poor Wheel 5:57
8. Tieriogre 3:31
9. Senne Sing Song 6:59
Misha Mengelberg(p), Greg Cohen(b), Ben Perowsky(ds)
Engineer: Jim Anderson
Executive-Producer: John Zorn
Executive-Producer [Associate] : Kazunori Sugiyama