Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Paul Bley: Mr. Joy (1968) ジャケットが気味悪く、手を出さなかったアルバムだが

f:id:kanazawajazzdays:20170629075240j:plain

Scorpioに引き続き届いたアルバム。

1960年代後半のブレイの演奏の印象は様々で、比較的馴染みやすいテーマを用いたものから、硬質のフリーまで。また小品も多ければ、ただただ長いライヴなんかもある。ピアノの響きは共通するが、多様に変化する感じ。

これはポップな曲調やフリー的な味わいが穏やかに交叉したアルバム。実はすごく気に入って、何回も何回も聴いてしまった。ピアノの堅い感じの音も良い。カーラの曲もいいのだけど、アーネットの曲も悪くない。楽しめる。

このアルバムは、ジャケットが気味悪く、手を出さなかった。早く聴けばよかったアルバム。見開きの白黒写真が美しく、時代の空気をとても感じさせる。

--------------------------------------------------

Paul Bley: Mr. Joy (1968, Limelight)
A1. Only Lovely (Paul Bley)6:20
A2. Kid Dynamite (Annette Peacock) 3:10
A3. Nothing Ever Was, Anyway (Annette Peacock) 5:44
A4. El Cordores (Annette Peacock) 6:04
B1. Ramblin' (Ornette Coleman) 4:44
B2. Touching (Annette Peacock) 4:49
B3. Blood (Annette Peacock) 6:10
B4. Mr. Joy (Annette Peacock) 3:50
Paul Bley(p), Gary Peacock(b), Bill Elgart(ds)
Engineer: Kearney Barton
Photograph: Bob Golden
Recorded May 10th & 12th, 1968 at Audio recording Inc., Seattle and at a concert at the The University Of Washington, Seattle.

 

f:id:kanazawajazzdays:20170629075240j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170629075257j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170629075307j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170629075316j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170629075328j:plain