Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

macOS Sierra (10.12.4)上でのAudirvana Plus 3のDirect mode動作(その後、クリーンインストール、備忘録)

その後、シャットダウンできない、曲を再生しない、iTunesとAudirvana plusの同期が不安定などなど、音楽を聴く気が失せるほど。

そもそも、使っているMACminiは2010年midの機種でOSX10.6.3 (Snow Leopard)。思えば遠くへ来たものだ。メモリは8GB。それからアップ・ヴァージョンを続けている訳で、システムに澱が貯まっているに違いない。

という訳でクリーンインストールを行った。何となく、泥沼に入った気がしなくはないが。

MacのOS X Sierra(シエラ)を簡単にクリーンインストール(初期化)する方法!

これは簡単に完了。音楽専用なので、そもそもインストールしているSWが少ない。しかし、さっそく再起動障害ががあって、がっくり。調べると、以下の方法で復帰。

MACで「再起動」や「シャットダウン」ができなくなる謎の問題が解消された!! – IT trip

ターミナルで再起動するだけ。

その後、再びIOAudioFamily.kextの入れ替え作業を行った。折角、備忘を書いたのに、ファイルのアクセス権の修復をやり忘れて、オーディオ機能が壊滅し焦ったが、アクセス権の修復を後から行って、OK。

現時点は、安定に動いている。職場のiMACをどうしようか、少し迷っているが、まだ後かなあ。

------------------------------------------------------------------

[] macOS Sierra (10.12.4)上でのAudirvana Plus 3のDirect mode動作(簡単にできた、備忘録)

 

 昨日の記事の通り、今更なのだが、macOS Sierra上でのAudirvana Plus 3のDirect modeが動作しない問題に直面:

確かに、苛つく程に、音の鮮度が低下。参った。

 という事で、前掲の記事で引用した「音関連のシステムファイルIOAudioFamily.kext」を、Direct modeが動作したOSX El Captanのものと入れ替える作業を行った。内容は以下のサイトの手順でばっちり。

Mac OS Sierra で不採用となったDirect Modeを復活させる手順 – IT trip

備忘のため、自分で実行した手順を記載する。

(1)OSX El CaptanのIOAudioFamily.kextの入手

・問題のMACminiはタイムマシンを繋いでいない。動作がもたつくことが心配だからだ。このファイルは職場のMacbook airに繋いであるタイムマシンからコピーしら。1MBに満たない小さなファイル。

(2)SIPの無効化

Audirvanaを使うPCのSIPを無効化する。リカバリモードでのターミナル上でコマンドを打つだけ。仔細は以下の記事の通り。本当に簡単。ただし、リカバリモードの立ち上げに少し時間がかかるので、少し心配になった。

Mac OS SierraでSIPを無効にする方法(非常に簡単でした) – IT trip

(3)PCを再起動後、IOAudioFamily.kextを入れ替え

当該ファイルの格納場所は、/System/Library/Extensions 。フォルダへの移動、を使う。そこにOSX El CaptanのIOAudioFamily.kextをコピーすると、もともとのSierraのものとの入れ替えを行うか、聞いてくるので、入れ替えを指示。

(4)OnyXでファイルのアクセス権の修復

ここでシステム障害の警告が出たので、OnyXでファイルのアクセス権の修復を実施。もともと使っているFree SWなので実施。仔細は下記リンク。時間は少しかかるが、気長に待つこと。途中、カーソルがクルクルまわっていて、少し不安になるが放置。

El Capitan 以降の OSX でアクセス権の修復を手動で行う (フリーソフト OnyX を使う方法)

(5)再起動

前掲の記事では立ち上がるまで2時間とのレポートであったが、私の場合、通常の起動と同じであった。

(6)Audirvana Plus 3のDirect modeをonにする。

ばっちりonになる。

(7)SIPの有効化

これも下記記事を参考に。

Mac OS SierraでSIPを無効にする方法(非常に簡単でした) – IT trip

 

以上で完了。1時間もかからない作業。バージョンアップごとに対応してもいいかなあ、という感じ。ただ、少し安定性を毀損したような感じはある。DA変換器(プリアンプに内蔵)が、僅かに固まりやすくなったような気がする。大きな問題は、今のところはない。