Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Alexandra Grimal: Andromeda (2011) 菊地雅章の「音」の断片

f:id:kanazawajazzdays:20170519180728j:plain

 Bandcampでタマタマ見つけてダウンロードしたアルバム。昨年から聴いている様々なアルバムのなかで、かなりストライクのアルバム、といってもエジプト出身のアレクサンドラ・グリマル女史のサックスではなく、トッド・ニューフィールドのギター、トーマス・モーガンのベース、タイソン・ショーリーのドラムの三者が作り出す、「あの音空間」。疎にして密な音の流れ。それをまざまざと楽しむことができる。

それにしても、トーマス・モーガンの迫り上がるようなビートが凄い。空間の芯を明確に打ち込んでいる。

そして考古学の遺物のように、聴くことができない菊地雅章の「音」の断片を嗅ぎ回っているのだ。確かに、感じるのだ。

Andromeda

Andromeda

 

 --------------------------------------------------------------

Alexandra Grimal: Andromeda (2011, Ayler Records)
1. Little Step 3:17
2. Orion 3:21
3. Cassiopée 13:57
4. Algieba 11:46
5. Ulysse 7:26
6. Andromeda 13:36
Alexandra Grimal(ts, ss), Todd Neufeld (g), Thomas Morgan(b), Tyshawn Sorey(ds)
Recorded 19 December 2011 at Sear Sound, NYC.