Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Drew Gress: The Irrational Numbers (2006) トーンのプロデュース、バーンとティボーン参加アルバムシリーズ(?)

f:id:kanazawajazzdays:20170508193330j:plain

 ディヴィッド・トーンのプロデュース、ティム・バーンとクレイグ・ティボーン参加アルバムシリーズ(?)。ジャケットのデザインに統一感はあるが、このアルバムではアンビエントな感触が減って、その分、ジャズ的な感触が増している。その分、どきっとするような、精緻な硝子細工のような音空間は希薄になっているのだけど。

(調べたら、グレスってマーク・コープランドと共演している主流派?っぽい人。なるほど。)

 しかしグレスが作るジャズ的な味わいはなかなか美味しく、またティバーンのピアノが放つアコウスティックな音響の遷移が、思わぬ音の愉悦を作る瞬間があって、楽しいアルバム。

 

Irrational Numbers

Irrational Numbers

 

 ----------------------------------------------------------

Drew Gress: The Irrational Numbers (2006, Premonition Records)
1. Bellwether(Drew Gress) 1:48
2. Chevelle(Drew Gress) 8:28
3. Your Favorite Kind(Drew Gress) 4:32
4. Fauxjobim(Drew Gress) 5:26
5. Neopolitan(Drew Gress) 12:38
6. Blackbird Backtalk(Drew Gress) 7:01
7. By Far(Drew Gress) 6:13
8. Mas Relief(Drew Gress) 2:08
9. That Heavenly Hell(Drew Gress) 8:20
10. True South(Drew Gress) 7:08
Drew Gress(b, electronics), Ralph Alessi(tp), Tim Berne(as), Craig Taborn(p), Tom Rainey(ds)
Artwork, Design: Steve Byram
Engineer: Andy Taub
Executive-Producer: Michael Friedman
Producer: David Torn
Recorded at Brooklyn Recording (Brooklyn, NY) August 22-23, 2006