Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM1877) David Torn: Prezens (2005)  大音量で目眩を感じながら

f:id:kanazawajazzdays:20170501120814j:plain

 クレイグ・ティボーン聴きの一環で入手したアルバム。一連のアルバムのなかで、幾つか気に入ったアルバムのプロデュースを、ティム・バーンが行っていることに気がついた。ティム・バーンの素晴らしく格好がいいアルバム、がそれらだ。アヴァンギャルドな素材を集めて、精緻な音響的な空間を組み上げる。本作は、そんなティム・バーンの世界が弾けたように広がっていて、大音量で聴くと、すこぶる気持ちよい。

 1曲目のエレクトロニクス全開の幻影のような一曲が素晴らしく、本作の全てを物語っている。ボクのなかでは、ウェザーリポートのデビュー作の1曲目と双璧だ。ティボーンも勿論、彼の味を尽くしたような音が嵌め込まれているのだけど、ティム・バーンの世界のパーツとして、下部構造に組み込まれている。そんな音が悪かろう筈はない。暫し、大音量で目眩を感じながら聴いている。とても好み。

 全体的にはロック的な味のアルバム、と思ったらティム・バーンのプロデュース。音響空間の様子はECM的。最近はこんな周縁(ジャズの周縁のECMの周縁って、おかしな表現だけど)のアルバムを出しているのかなあ。

Prezens (Ocrd)

Prezens (Ocrd)

 

---------------------------------------------------

(ECM1877) David Torn: Prezens (2005)
1. Ak (Taborn, Torn, Berne, Rainey) 9:19
2. Rest & Unrest (Torn) 3:44
3 Structural Functions Of Prezens (Taborn, Torn, Berne, Rainey) 10:56
4. Bulbs (Taborn, Torn, Berne, Rainey) 6:18
5. Them Buried Standing (Torn) 2:43
6. Sink (Taborn, Torn, Berne, Rainey) 7:14
7. Neck-Deep In The Harrow...(Taborn, Torn, Berne, Rainey) 12:32
8. Ever More Other (Torn) 4:12
9. Ring For Endless Travel (Torn) 2:23
10. Miss Place, The Mist...(Torn, Chamberlain) 5:45
11. Transmit Regardless (Taborn, Torn, Berne, Rainey) 7:20
David Torn(g, live sampler, effector), Tim Berne(as), Craig Taborn(Fender Rhodes, Hammond B3, mellotron, electronics), Tom Rainey(ds), Matt Chamberlain (ds on 10)
Design: Sascha Kleis
Engineer [Recording] : Hector Castillo, Munkh-Orgil Turbold
Mixing: David Torn
Photograph: Robert Lewis (10)
Producer: David Torn
Executive-Producer: Manfred Eicher
Recorded March 2005
Clubhouse Studios, Rhinebeck, NY
Mixed at Cell Labs, New York