Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Francisco Mora Catlett: World trade music (1999) 「ちょっと古くさい」作曲の良さ

f:id:kanazawajazzdays:20170424175143j:plain

  適当にかき集めたクレイグ・ティボーンが入ったアルバムの一つ。

 1999年のフランシスコ・モラ・カトレットのアルバム。このドラマーは初めて聴く。調べるとサン・ラ・アーケストラの人、だそうだ。やや軽い感じのドラマーで、悪くはないが印象は薄いかなあ。

 基本はピアノ・トリオ。幾つかの曲でホーンやパーカッションが加わる。印象的なのは「ちょっと古くさい」作曲の良さ。1980年前後のインディア・ナヴィゲーションのアルバムと共通する味わい。チコ・フリーマンのアルバムを聴くような。何となく懐かしい。ベースは知らない人だけど、マクビーみたいな感じでよい。 

 このピアノトリオ部分でのクレイグ・ティボーン、がなかなか良い。ほとんど今と変わらないのだけど、古い曲調との整合性が良い。彼の現代的な感性を保ったまま、あの時代の曲を軽く脱力して弾く感じが、すこぶる美味しい。この人、ピアノの鳴らせ方を細かく操作し、時々刻々変えていく感じが上手い。曲によっては、左右の手でタッチを変えていて、なかなかの効果を出している。いいアルバムだ。



World Trade Music

World Trade Music

 

 -----------------------------------------------------------

Francisco Mora Catlett: World trade music (1999, Community Projects)
1. Welcome (Francisco Mora Catlett) 1:36
Alberto Nacif, Jerome Le Duff (perc)
2. Iron Master (Yoruba Traditional P.D.) 3:34
3. Vital Force (Yoruba Traditional P.D.) 9:04
4. Hunters Child (Yoruba Traditional P.D.) 6:03
5. Baba (Yoruba Traditional P.D.) 7:44
6. The Other Side Of The Mask(Francisco Mora Catlett) 4:28
Nik Pena(tp, Sea Shell, whistle)
7. Cultural Warrior (Francisco Mora Catlett) 9:32
Andrew Daniels (perc), Kenny Cox(p), Vincent Bowens (ts,fl)
8. Earth Tones Prelude (Francisco Mora Catlett) 1:40
9. Sister Harriet (The Spirit & The Conductor) (Francisco Mora Catlett) 11:45
10. Interlude #4 (Francisco Mora Catlett) 2:38
11. El Morro (Francisco Mora Catlett) 5:55
Percussion – Alberto Nacif, Jerome Le Duff
Kenny Cox(p), Alex Harding(bs, fl), Vincent Bowens(ts,fl), Sherman Mitchell(tb, fl), Marcus Belgrave (tp)
12. African Mask (Francisco Mora Catlett) 3:19
Cassius Richmond (as, fl)
13. Crossroads (Francisco Mora Catlett) 1:55
Andrew Daniels(perc), Cassius Richmond(as, fl), Alex Harding(bs, b-cl). Nik Pena(tp, Sea Shell, whistle)

Francisco Mora Catlett(ds, perc), Craig Taborn(p), Rodney Whitaker(b)