Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Tim Berne: Science Friction (2001) 緻密に組み立てられた音が

f:id:kanazawajazzdays:20170412122933j:plain

  クレイグ・ティボーンを聴きながら、「今この瞬間のジャズ」を知る旅を続けているように思える。様々な音楽の姿態をとりながら、芯になる「何か」を感じさせる。それが何か、問い続けている。

 ティム・バーンのアルバムは直球ではまった。2003年のライヴは、やや冗長であったが、このアルバムはライヴと同じメンバーで、かつ緻密に組み立てられた音が冴え渡っている。すごい。

 録音的にキーボードが前に出ていて、複雑な音場を旋回させながら流していく。その軌跡のうえでサックス、ギターが呟くように音を流す。とてもECM的でありながら、過度の残響付加がないので明澄であり、余分なノスタルジックな感情を喚起しない。

  3つのアルバムのなかで一番好み。今はapple musicで聴いているが、音源が欲しくなった。素晴らしい。Bandcampでダウンロードできる。

 

 

Science Friction

Science Friction

 

 -------------------------------------------------------------

Tim Berne: Science Friction (2001, Screwgun Records)
1. Huevos 6:27
2. Ihornet 3:27
3. Sigh Fry 9:50
4. Manatee Woman 12:20
5. Mikromaus 2:03
6. Jalapeno Diplomacy 5:21
7. The Mallomar Maneuvre 1:04
8. Clown Finger 11:31
Tim Berne(as), Craig Taborn(key), Marc Ducret(g), Tom Rainey(ds)
Producer : David Torn
Recorded in December 2001