Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Chico Hamilton Quintet In Hi-Fi (1954-56) ジム・ホールに意識を向けると

f:id:kanazawajazzdays:20170412064458j:plain

 ゆるゆるとドルフィーのレコードを集めている。所謂名盤はそこそこ集めたので、チコ・ハミルトン時代が気になっている。というわけでレコード棚を覗くと、あまり出ているようでもない。代わりにバディ・コレットが入っているオリジナルか初期のプレスが「安レコード」の値段で2枚入手。ジム・ホールが入っているし、ということが理由。

 バディ・コレットが醸し出す甘さ、が妙に時代を感じさせ、正直だるい。しかし、ジム・ホールの切っ先鋭いギターが入ると、現代的な感覚が沸き出してくる。面白い。ジミー・ジェフリーと同じく、室内楽ジャズの世界なのだけど、ともにジム・ホールが加わっていることが興味深い。このアルバムではコレットが、全くジェフリー的な味はないのでECMの源流的な装いはないのだけど。

 ジム・ホールに意識を向けると、聴こえ方が少々違うのが面白い。彼の曲Chrissieなんかは、かなり変わった味を出している。だけど、全般的にはムード音楽。このようなスキームに高踏的な曲調を加え、次元を違えたのがジェフリーという感じかな。

 まあ、レコードの音もなかなか良好で楽しめる。安レコードとしては極上、だと思う。

チコ・ハミルトン・クインテット・イン・ハイ・ファイ

チコ・ハミルトン・クインテット・イン・ハイ・ファイ

 

----------------------------------------------------------------------

Chico Hamilton Quintet In Hi-Fi (1954,56, Pacific Jazz Records)
A1. Jonalah (Carson Smith) 2:15
A2. Chrissie (Jim Hall) 3:50
A3. The Wind (Russ Freeman) 3:32
A4. Gone Lover (When Your Lover Has Gone)(E. A. Swan, arranged by Fred Katz) 3:48
A5. The Ghost (Buddy Collette) 5:05
B1. Sleepy Slept Here (Santa Monica) (Buddy Collette) 4:08
B2. Takin' A Chance On Love (Latouch, Fetter, Duke) 4:07
B3. The Squimp (Fred Katz) 1:47
B4. Topsy (Durham, Battle) 4:43
B5. Drums West (Chico Hamilton) 4:15
B6. Sleep (Geibel, Burtnett) 2:26
Chico Hamilton(ds), Buddy Collette(as, ts, cl, fl), Jim Hall(g), Carson Smith(b), Fred Katz(cello)
A1 to B1: Los Angeles, 4 January 1956
B2 to B4: Los Angeles, 10 & 13 February 1956
B5: Stockton, CA, 12 November 1954
B6: Los Angeles, 10 or 13 February 1956

f:id:kanazawajazzdays:20170412064458j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170412064507j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170412064516j:plain