Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Andrew Hill: Nefertiti(1976) 何だろう、船酔いのような感覚

f:id:kanazawajazzdays:20170314233110j:plain

 現代ジャズと称する、近年のスムーズなピアノ・トリオとは全く逆の指向の音。とにかく「スムーズ」ではない。音が過去に後ずさりしていくようなタイム感があって、見通しの悪さ、も甚だしい。その「奇妙な味」が強烈な個性を、割と静かに訴える。聴いているうちに、起承転結が消失して、メビウスの輪の中に居るような感覚を覚える。

 決して「フリー・ジャズ」という形を装っていないのだけど、無二の音空間を形造っているという点で、ドルフィーのあの音と似たような立ち位置を感じた。時間や速さはドルフィーと逆向きなんだけど。

 何だろう、船酔いのような感覚。

 

Nefertiti

Nefertiti

 

 ------------------------------------------------

Andrew Hill: Nefertiti(1976, East Wind)
A1. Blue Black 14:07
A2. Relativity 5:25
B1. Nefertiti 8:04
B2. Hattie 3:45
B3. Mudflower 7:28
B4. Unnatural Man 3:16
Andrew Hill(p), Richard Davis (b), Roger Blank(ds)
Producer: David Baker
Recorded January 25, 1976, at Vanguard Studios N.Y.C

f:id:kanazawajazzdays:20170314233110j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170314233114j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170314233119j:plain