Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Tony Williams: The Joy Of Flying (1979) 到達点

f:id:kanazawajazzdays:20170313071945j:plain

 今になって聴くと、しんどいなあ1979年頃のトニー・ウィリアムス。当時も、1960年代の新星としての名声が殆どで、1970年代のアルバム。楽曲はあまり話題にならなかた、と思う。だから、ハンコックとのVSOPでの存在感が圧倒的で、という状態。

 このアルバムもスタンリー・クラークやRTFのイミテーション風で、豪華なメンバーの割りには、ベンソンのソロくらいしか聴き所がない。そもそも、ドラムが重厚で跳ねない、のが痛い。A4は1978年の田園コロシアムなんだけど、今ひとつ。B2はドラムに焦点を当てたので、ドラムだけはいい。ハマーのキーボードはしんどいなあ。

 このアルバムは1979年に出て、丁度、ボクがジャズを聴きはじめた年。スィング・ジャーナル誌を熱心に読んでいたので、微かにディスク評を覚えている。異色の一曲、B4に集中。そう、セシル・テイラーとのデュオ。曲の冒頭からセシルはセシル。ドラムに血流が通り出すのが分かる。セシルのパルスを載せるような細かなうねり、のようなタムを繰り出す。そして、爆発的な対峙。VSOPの少し先のトニー・ウィリアムスを聴くことができる。これが彼の到達点であり、以降、前には出ていないように思える。

 1970年代のアルバムを聴いていて、時代を深く追いかけ過ぎて、乗り損なった哀しさ、を感じさせるのは寂しい。1980年代の過去に戻っていく姿とあわせて。

 なんだか、セシルとマックス・ローチのデュオを聴きたくなった。やはり、セシルを聴くには短くて、不完全燃焼。

 -------------------------------------------------------------------------

Tony Williams: The Joy Of Flying (1979, Columbia)
A1. Going Far (Jan Hammer) 4:13
A2. Hip Skip(George Benson) 8:03
A3. Hittin' On 6 (Tom Scott) 6:18
A4. Open Fire (Edgar Winter, Ronnie Montrose) 6:15
B1. Tony (Stanley Clarke) 6:50
B2. Eris (Jan Hammer) 3:33
B3. Coming Back Home (Jan Hammer) 6:06
B4. Morgan's Motion (Cecil Taylor) 8:18
Tony Williams(ds, perc), Randy Brecker(tp), Barry Rogers(tb), Michael Brecker(ts), Tom Scott(lyricon), David Sanborn(as), Ronnie Cuber(bs), Jan Hammer, Herbie Hancock, Brian Auger (key), Cecil Taylor(p), George Benson, Ronnie Montrose(g), Paul Jackson, Stanley Clarke, Mario Cipollina(b), Ralph MacDonald(perc),
Producer: Tony Williams
Track A1 and B2 recorded and mixed at Red Gate Studio, Kent, New York.
Track A2 and B3 recorded at CBS Recording Studios, New York, and mixed at Secret Sound, New York. Horns recorded at Secret Sound, New York.
Tracks A3 and B1 recorded and mixed at The Automatt, San Francisco, CA.
Track A4 recorded live at Denin Coliseum, Tokyo, summer of '78 and mixed at Secret Sound, New York.
Track B4 recorded and mixed at CBS Recording Studios, New York.
Mastered at Sterling Sound.

 

曲ごとのpersonalは

f:id:kanazawajazzdays:20170313071945j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170313071952j:plain