Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Roy Haynes: Senyah (1972) 音がどうだか、なんてどうでもいい

f:id:kanazawajazzdays:20170312133011j:plain

  これは凄い。ジョージ・アダムスとマーヴィン・ピータソンを全面に、ロイ・ヘインズを含むリズム陣は1970代初頭の「最先端」的なグルーヴを電化楽器で繰り広げる。丁度、菊地雅章ギル・エヴァンス・オーケストラの日本録音盤をコンボにしたような感じ。

 特にマーヴィン・ピーターソンは本人のアルバムがやや観念的な印象が強いのに対し、アダムスと競って吹く様は爽やか。実にいい音を出している。アダムスは何処でも一緒だけど。すかっとグルーヴ、咆吼を楽しめる佳盤。

 ボクが入手したのは日本盤で1000円しなかったと記憶。感じ。演奏が炸裂している。

Senyah [12 inch Analog]

Senyah [12 inch Analog]

 

 -----------------------------------------------------

Roy Haynes: Senyah (1972, Mainstream)
A1. Sillie Willie 7:48
A2. Little Titan 7:22
B1. Senyah 5:30
B2. Full Moon 6:14
B3. Brujeria Con Salsa 4:01
Roy Haynes(ds), Marvin Peterson(tp), George Adams(ts), Roland Prince(g),Carl Schroeder(p), Don Pate(b), Lawrence Killian(congas)
Producer: Bob Shad