Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Bill Evans: Conception (1956, 1958, 1962) 1981年当時の未発表テイク、ダニーボーイ

f:id:kanazawajazzdays:20170311231547j:plain

 美味しい記事が出るブログを読むのは楽しくも、過剰な物欲が刺激され困る。最近は煩悩に従順な日々を送っているのでなおさら。このアルバムもそう。

 かなりマメにエヴァンスのFantasyやMilestoneのre-issueは入手したと思っていたが、漏れていた。このアルバムの1枚目はNew jazz conceptions。

 

2枚目はまるまるが未発売の録音。調べると、日本では同時期のEasy to loveという題名で1枚モノが販売されていた。1981年当時の未発表テイク集で、ソロ主体。

 前述の記事でも書かれているが、まとまった分量のソロを楽しむことができる。ソロを聴いて感じるのは、エヴァンスのソロは初期(といってもレコードデビューが遅かったので30歳頃だけど)から晩年まで、大きな変化はなく、スタイルが一貫している。だから、このアルバムも未発表というレベルのものではない。

 聴いていて、以前、Kさんから問い合わせのあったダニー・ボーイ(youtubeで聴ける)が、このアルバムに収録されていることに気がついた。

 ソロだけを繋いで聴いていると、実に良いアルバム。音質も満足できる。エヴァンスのMilestoneやFantasyの未発表録音集は全部持っているのか、気になってきた。確認するのも面倒だけど。

-----------------------------------------------------------------------

Bill Evans: Conception (1956, 1958, 1962, Milestone)
A1. I Love You (Cole Porter) 3:52
A2. Five (Bill Evans) 4:01
A3. I Got It Bad And That Ain't Good (Ellington, Webster) 1:36
A4. Conception (George Shearing) 4:43
A5. Easy Living (Robin, Rainger) 3:49
A6. Displacement (Bill Evans) 2:33
B1. Speak Low (Weill, Nash) 5:06
B2. Waltz For Debby (Bill Evans) 1:16
B3. Our Delight (Tadd Dameron) 4:42
B4. My Romance (Hart-Rodgers) 1:54
B5. No Cover, No Minimum (Take 2)(Bill Evans) 7:30
C1. No Cover, No Minimum (Take 1; Previously Unissued) (Bill Evans) 8:09
C2. Some Other Time (Green, Comden, Bernstein) 6:13
C3. Easy To Love (Porter) 4:40
D1. Danny Boy (Trad.) 10:37
D2. Like Someone In Love (Burtke, Van Heusen) 6:25
D3. In Your Own Sweet Way (Dave Brubeck) 2:54
Bill Evans(p), Teddy Kotick (b on A1, A2, A4-B1, B3, B5), Paul Motian (ds on A1, A2, A4-B1, B3, B5)
Engineer : Jack Higgins (tracks: A1-C1), Ray Fowler (tracks: C2-D3)
Producer : Bill Grauer, Orrin Keepnews
Remastered by George Horn
Sides A and B originally released as New Jazz Conceptions, record in New York, September 27, 1956.
Sides C and D previously un-issued, recorded April 10 1962, except C1 1956 and C2 December 15 1958