Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Misha Mengelberg & ICP Orchestra: Japan Japon (1982, ICP/DIW/IMA) ハサミを宙に向け

1982 jazz: avantgarde jazz (piano)

f:id:kanazawajazzdays:20170307083105j:plain

  このアルバムは1982年の記録。近藤等則が招聘したもの。ゲーテ・インスティテュートが後援だったような記憶がある。特にB面は近藤色が強い、ように思う。

 Incusでの英国勢は音響空間の構築、FMPの西独勢は凶暴な破壊力を想起するが、ICPは突き上げるリズムと笑い、のような印象がある。30年振りに聴いていると、京大西部講堂(だったと思うのだけど、大阪か記憶が曖昧)の場面を思い出す。ベニンクが大きなハサミを宙に向け、カチ・カチとタイムを取る。聴き手は絶妙のタイム感の音源を見て、可笑しさが堪えられない。笑いの過半は、ベニンクの意表を衝く音源、じゃなかったかと思う。

  おふざけ的なシーンも混じり、今となっては居心地の悪いトラックもある。しかし、地から沸き上がる揺動のようなベニンクのドラム、奇妙なドライヴ感を醸すメンベルベルク、圧倒的に咆吼するブレッツマン、彼らの音が点景のように浮かぶ場、それが奇跡的に収められた一枚、なのだと思う。

f:id:kanazawajazzdays:20170304235323j:plain

Japan Japon

Japan Japon

 

 ------------------------------------------------------------

Misha Mengelberg & ICP Orchestra: Japan Japon (1982, ICP/DIW/IMA)
A1. Salute To Fujisawa Shukoh 2:45
A2. Kwela: Hap; Boodschappen; Welkom; Briefkaart; Maurits 17:39
B1. Habanera 6:15
B2. Carnaval 3:30
B3. Japan Japon 7:10
B4. Zing Zang Zaterdag 3:22
Misha Mengelberg(p, voice), Han Bennink(ds), Toshinori Kondo(tp, voice), Peter Brötzmann(as, ts, bs, voice), Michael Moore (as, cl), Keshavan Maslak (as, ts, voice), Joep Maassen, Wolter Wierbos(tb), Larry Fishkind(tuba), Maurice Horsthuis(viola)
Recorded on 11 May 1982 at Osaka and 17 May 1982 in Tokyo.
Japanese release included bonus 7" single of Caravan (7:04), recorded 17 May 1982 in Tokyo.

 

f:id:kanazawajazzdays:20170307083105j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170307083109j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170307083113j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170307083117j:plain