Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

奇妙なグルーヴ感

jazz (piano)

京大西部講堂であった、と記憶している。1982年。ミシャが率いるオーケストラを聴いた。フリー・ミュージックの面白さ、を知った。ゲラゲラ笑いながら聴く体験、が印象的だった。そのミシャ・メンゲルベルクがこの世を去った。

ボクのなかでは、ドルフィーのLast dateでの存在感が圧倒的。酔って揺れるような、数少なく、鋭い音が生み出す奇妙なグルーヴ感が、あのアルバムの魅力が圧倒的な管の音だけではない、ことを主張している。この奇妙なグルーヴ感、に惹かれ続けた。

長く彼のICPオーケストラは聴いていない。暫く、聴いてみたいと思っている。

f:id:kanazawajazzdays:20170304235323j:plain

ICPオーケストラはオマケのシングル盤付き。モンクとハービー・ニコルス集もいい。見つけるのに随分時間がかかった。

f:id:kanazawajazzdays:20170304235348j:plain

 このあたりは30年以上聴いていない。楽しみだ。