Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Woody Shaw: Live Volume One (1977) Stepping Stonesでモノ足りない向きには

f:id:kanazawajazzdays:20170208165544j:plain

 先日のブレイキーのアルバムを聴いていて、薄幸の印象が強い(そんなのばっかりか)ショウを思い出した。やっぱり、いいよね。1979年に聴いて、ジャズが好きになる後押しをしてくれた奏者。

 だから、今でもStepping Stonesが大好きなのだけど、もう少し聴きたい、と思っていた。だから2000年頃に出た本盤には涙が出た。御茶ノ水ディスクユニオンのジャズ館(昔の場所)で、小躍りしたのは記憶が生々しい。とは云え、もう16年前のCDだけど。Stepping Stonesでモノ足りない向きには最高なのだ。

 内容的に同じ雰囲気の素晴らしいアルバム。ショウとテナーのカター・ジェファーソンとの相性も良く、まとまったグループ。(ボクが思う)典型的なジャズらしい熱気が詰まった好盤。その後、コロンビアからもStepping Stonesの残テイクも出ているけど、やはり良いモノは良い。

 

Live Volume One

Live Volume One

 

 ------------------------------------------------------------

Woody Shaw: Live Volume One (1977, HighNote)
1. Love Dance (Joe Bonner) 15:50
2. Light Valley (Larry Willis) 11:32
3. Why (Victor Lewis) 18:58
4. Stepping Stones (Woody Shaw) 10:58
Woody Shaw(tp, flh), Carter Jefferson(ts), Larry Willis(p), Stafford James(b), Victor Lewis(ds)
Recorded in 1977.