Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

The Lounge Lizards: The Lounge Lizards (1980) まさに「奇妙な味」が溢れるアルバム

alternative jazz: avantgarde jazz (group) 1980 youtube

f:id:kanazawajazzdays:20170107094359j:plain

 当時、発売すぐに入手し、あまり聴かなかったレコード。ビル・ラザウェルとか、アントン・ファイアー、このジョン・ルリーとか、オーネット一派がファンクをやり出した時期に外野から乱入してきた印象がある。ビル・ラザウェルのようにビートを効かしたり、フリー・ジャズ系の猛者を入れたり、アクセントをつけていたので、まあ面白かったが、ジョン・ルーリーのラウンジ・リザーズは、案外、地味で下手な乾いたジャズもどき、のような印象だったのだ。 

 最近ネットでアート・リンゼイの新作の話題が出たので、本当に久しぶりに聴いてみた。

 で、ラウンジ・リザースのデビュー作なのだけど、とても面白かった。今のアヴァンギャルド系ジャズ奏者と狙いは同じ。モンクやドルフィーの音が与える「奇妙な味」を遠心分離器にかけて、味だけを取り出す作業で、決してジャズを狙っている訳ではない。そして、その味を見事に取り出し、彼らの音楽(どんなジャンルなんだろうな、ジャズやロックの外縁)の中で再現している。その意図が強く伝わる秀作。当時は分からなかったなあ。

 まさに「奇妙な味」が溢れるアルバムなのだけど、そのなかでノイズのようなギターをまき散らすアート・リンゼイの存在感は凄い。なんかアルバム意図とはミス・マッチだと思うが、そんなことはどうでもいいかな、と思わせるレベル。

Lounge Lizards

Lounge Lizards

 

----------------------------------------------------------------

The Lounge Lizards: The Lounge Lizards (1980, Editions EG)
A1. Incident On South Street (J. Lurie) 3:27
A2. Harlem Nocturne (Earle Hagen) 2:08
A3. Do The Wrong Thing (J. Lurie, S. Piccolo) 2:45
A4. Au Contraire Arto (J. Lurie) 3:30
A5. Well You Needn't (Thelonius Monk) 1:57
A6. Ballad (J. Lurie) 3:30
A7. Wangling (J. Lurie) 3:05
B1. Conquest Of Rar (A. Fier, E. Lurie, J. Lurie) 3:21
B2. Demented (J. Lurie) 2:05
B3. I Remember Coney Island (J. Lurie) 3:35
B4. Fatty Walks (J. Lurie) 3:00
B5. Epistrophy (Kenneth Clarke, Thelonius Monk) 4:21
B6. You Haunt Me (J. Lurie) 3:45
ohn Lurie(sax), Arto Lindsay(g), Evan Lurie(key), Steve Piccolo(b), Anton Fier(ds)
Design: Peter Saville (2)
Engineer : Frank Laico, Ted Brosman
Mastered by Gc
Mixed by Don Puluse
Photograph: Fran Pelzman
Producer: Teo Macero
Recorded at CBS Recording Studios in New York on July 21-22, 28-29 1980. Mixed at CBS Recording Studios in New York on August 6, 14-15 1980.
Released: 1981

f:id:kanazawajazzdays:20170107094359j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170107094404j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170107094408j:plain