Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Last Exit - Live In Tokyo: The Noise Of Trouble (1986) インプロ新左翼みたいなメンバー

f:id:kanazawajazzdays:20170106233121j:plain

 30年以上前、ラザウェル一派のレコードを随分買ったような気がする。Material, Golden Palominos、そして、このLast exit。結局のところ、案外、ラズウェル自体の音って一本調子で変化に乏しいのだけど、企画の良さ・鋭さで生き延びている人のように思える。

f:id:kanazawajazzdays:20170107101714j:plain

 Last exitはPeter Brotzmann, Sonny Sharrock, Bill Laswell, Shannon Jacksonがメンバー。当時、「生きた化石」だったシャーロックを引っ張り出したのが目玉だったような記憶がある。良く見ると、まあ滅茶苦茶な組み合わせ。ハードバップ右翼からすると、インプロ新左翼みたいなメンバーだけど、よく見ると諸派が混じっていて、色の違うヘルメットで内ゲバじゃん、という企画。youtubeで別のライヴ映像を見ると、色の違うブレッツマンとシャーロックのブロウ大会で馬鹿ウケ。何が受けるか分からない。

 このときのライヴはパルコとピットインで開催された(ようだ)。ボクはピットイン(一部)へ行ったのだけど、このメンバーではなくて、近藤等則が出ていた記憶がある。二部でハービー・ハンコックが出る予告だったが、開始が24時じゃあなあ、と見送った。

 今になって聴き直すと。船頭多くして舟山登る前に、手合わせをしている内に終わった感じ。ブロウ大会もないし、案外バランスよく、プップーとやって終わった。一発物の企画とさほど変わらない。こんな中でのラザウェルは埋没しかないのだけど、よくぞ、こんな無茶をやった、という一点にのみ価値があるアルバム、と思えてならない。

 

Live in Tokyo

Live in Tokyo

 

--------------------------------------------------------------

Last Exit - Live In Tokyo: The Noise Of Trouble (1986, Enemy)
A1. Straw Dog / You Got Me Rockin' / Take Cover / Ma Rainey / Crack Butter
A2. Pig Cheese
A3. Panzer Be-Bop
A4. Base Metal
B1. Blind Willie
B2. Needles Balls
B3. Civil War Test
B4. Help Me Mo I'm Blind
Peter Brotzmann (ts, bs, tarogato), Sonny Sharrock (g) Bill Laswell (b), Shannon Jackson (ds, voice) with Akira Sakata (as, b-cl), Herbie Hancock (p)
"PARCO Space Part 3", Shibuya, Tokyo, Japan, October 2, 1986
"Shinjuku Pit Inn", Tokyo, Japan, October 5, 1986