Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Lee Konitz: Subconscious-Lee (1949-50) 高柳昌行の「セカンド・コンセプト」で面白さを啓蒙された感

f:id:kanazawajazzdays:20170104083322j:plain

 これは亡父のレコードで日本盤。疑似ステレオの処理はされていなくて、モノラル。ジャケットが異なるOJC盤は持っていたが、同じ録音とは思っていなかった。

  リー・コニッツは驚異的な奏者。1949年のこの録音から60年以上経た数年前、ブルーノートで聴いたが、音色の印象は変わらない。ビル・フリーゼルに振られて、浮遊系の感じだったのが残念だったが、健在。この人も、音が与える印象が全く変わらない。このアルバムを今聴くと、はじめて聴いた30年前よりも、むしろ古びた印象が減じているのは何故だろうか。曲の造り込みに対する完成度の高さが、ハードバップと比べ、古びた印象を与えていたのかもしれないが、今はむしろ「現代ジャズ」との近さ、を印象づけるのかもしれない。

  ボク自身は高柳昌行の「セカンド・コンセプト」で面白さを啓蒙された感があって、このアルバムを合わせて聴いて、彼の慧眼に改めて感服した次第。感謝。



 

Subconscious-Lee

Subconscious-Lee

 

------------------------------------------------------------

Lee Konitz: Subconscious-Lee (1949-50, Prestige)
A1. Subconscious-Lee
A2. Judy
A3. Progression
A4. Retrospection
A5. Ice Cream Konitz
A6. You Go To My Head
B1. Marshmallow
B2. Fishin' Around
B3. Tautology
B4. Sound-Lee
B5. Palo Alto
B6. Rebecca
Lee Konitz(as), Warne Marsh (ts on B1 to B4), Lennie Tristano (p on A1 to A4), Sal Mosca (p on A5, B1 to B5)Billy Bauer (g on A1 to A6, B5, B6), Arnold Fishkin (b on A1 to B5), Denzil Best (ds on B1, B2), Jeff Morton (ds on A5, A6, B3 to B5), Shelly Manne (ds on A1, A3, A4)
Remastered by Van Gelder
Mono Reissue of Prestige PRLP 7004 (Mono) entitled "Lee Konitz With Tristano, Marsh And Bauer".
Recording Dates: 1/11/49, 6/28/49, 9/27/49, 3/7/50.