Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Duke Ellington: Solos, Duets And Trios (1940s, 1965) 録音は二次的な問題なのだ

f:id:kanazawajazzdays:20170120085453j:plain f:id:kanazawajazzdays:20170120085511j:plain

 レコードで入手。やはり、そのほうがいいのだけど、かなりイコライザで整えた「ディジタル的」な整音を施した、ような印象。録音時期が異なる演奏も違和感がないよう、合わせている。1965年の演奏ではドラムの低音が異様に唸っているのが気になった。CDでも良いのかもしれない。曲は若干減っている。

 音質的には、パブロの「組曲」のような感動は全くないが、小編成のエリントンのピアノを丸ごと楽しめる、という良さはある。何回も聴いたが、飽きない。録音は二次的な問題なのだ。

 

[2016-12-30記事] あのオリン・キープニューズが

 ゆっくり仕事中。apple musicで好きな音楽を選びながら聴いている。気忙しい年末のBGMは、エリントンの小編成の音。白眉はブラントンとのデュオ。76年前の録音とは思えないベース。

 これはRCAの音源を「あの」オリン・キープニューズが編集したアンソロジー。メジャー原盤なので、音も良い。レコードが欲しくなった。

 

 

Solos Duets & Trios

Solos Duets & Trios

 

 --------------------------------------------------------------

Duke Ellington: Solos, Duets And Trios (Bluebird)

The Ellington-Strayhorn Duets(1946)
Duke Ellington(p), Billy Strayhorn(p)
A1. Tonk 2:46
A2. Drawing Room Blues 3:37

The Trios (1945)
Duke Ellington(p), Junior Raglin(b), Sonny Greer (ds)
A3. Frankie And Johnny 2:38
A4. Jumpin' Room Only 2:24

The Solos (1941)
Duke Ellington(p)
A5. Dear Old Southland (Take 1) 3:17
A6. Solitude (Take 1) 3:29

The Ellington-Blanton Duets (1940)
Duke Ellington(p), Jimmy Blanton(b)
A7. Pitter Panther Patter (Take 1) 3:05
A8. Pitter Panther Patter (Take 2) 3:01
A9. Body And Soul (Take 1) 3:04
B1. Body And Soul (Take 2) 3:04
B2. Body And Soul (Take 3) 3:10
B3. Sophisticated Lady (Take 1) 2:53
B4. Sophisticated Lady (Take 2) 2:46
B5. Mr. J. B. Blues (Take 1) 3:02
B6. Mr. J. B. Blues (Take 2) 3:12

The Piano Concert(1965)
Duke Ellington(p), Earl Hines (p on B7), Larry Gales (b), Ben Riley (ds)
B7. House Of Lords 5:35
B8. Take The "A" Train 2:16

Reissue Producer: Orrin Keepnews