Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Charles Mingus: The Complete Bremen Concert (1964) ドルフィーを聴くつもりで

1964 jazz (bass) jazz: Eric Dolphy youtube

f:id:kanazawajazzdays:20161218161105j:plain

 ドルフィーを聴くつもりで、1964年のミンガス・バンドのCDを入手。でも、ドルフィーは3管のうちの一つに過ぎなくて、その積もりで買うと、違うなあと思った。

 むしろドルフィーにソロを「パーツ」として組み立て上げた、上部構造としてのミンガスの音の凄み、を知った。ソロ的なものよりも、むしろよく編曲された「小さなオーケストラ」のようにも聴こえるミンガスのバンド、の凄みである。

 昔はまさにそんな感じ、や、曲のアクの強さが全く好みではなくて、あまり聴かなかったミンガス。しかしギル・エヴァンスの晩年のアルバムや、ジョニ・ミッチェルの「ミンガス」を通じて、なんだか気になる存在でもあった。

 本当に久しぶりにミンガスのバンドをしっかり聴いたのだけど、エリントンとか、ギル・エヴァンスに通じる、アンサンブルを使った「奇妙な味」の音楽なんだなあ、と再認識。だから、ドルフィーのソロも、奇矯なジャッキー・バイヤードのピアノも呑み込んで、大きな音として聴かせる、そこに凄みを感じた。

 かなりエグ味が強い音なので、(多分)何回も聴きたいような音じゃないのだけど、麻薬的魅力もあるのだろうな、って思った。この時代のアルバムを聴くなんて、珍しいなあ。


 

The Complete Bremen Concert

The Complete Bremen Concert

 

---------------------------------------------------------------

Charles Mingus: The Complete Bremen Concert (1964, Jazz Lips)
(CD1)
1. A.T.F.W (Art Tatum-Fats Waller) 4:51
2. Sophisticated Lady 4:09
3. So Long Eric 26:49
4. Parkeriana 21:49
(CD2)
1. Meditations On Integration 25:28
2. Fables Of Faubus 34:03
Charles Mingus(b), Eric Dolphy(asm fl, b-cl), Johnny Coles(tp), Clifford Jordan(ts), Jaki Byard(p), Dannie Richmond(ds)
Bremen, Germany, Thursday, April 16, 1964