Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Jaco Pastorius: Modern American Music...Period! The Criteria Sessions (1974) 驚くべき録音

 

f:id:kanazawajazzdays:20161213124728j:plain

  2014年のrecord store dayで出たアルバムらしいが、知らなかった。1974年にフロリダで録音された、驚くべき録音。

 1976年にEpicから出たデビュー・アルバム「Jaco Pastorius」の下敷きとなるデモ。既に1974年にジャコがジャコである音楽をやっていた、という内容。2つのリーダーアルバム「Jaco Pastorius」と「Word of Mouth」ですっかり魅了されていたが、その後がが続かないなあ、と思っているうちに撲殺されたのが1976年。その後、随分とbootのようなアルバムを入手したが、 「Word of Mouth」以降のジャコは抜け殻であり、聴くべきものはなかった、と思う。聴き飽きたフレーズを続けるだけ。

 Jaco Pastorius」からジョニ・ミッチェルとの「Mingus」,「Shadows & Lights」あたりまでがピークで、「Word of Mouth」はギル・エヴァンスの「濃厚な影響」で何とか、というところか。

 だから、もうどうでもよい「Word of Mouth」後のライヴ盤でなく、Jaco Pastorius」のデモ盤と聞いて、すぐ注文、すぐ聴いている。荒削りの部分はあるにしろ、ジャコがほぼ完成していたことが分かる。聴いていて面白い。アイデアJaco Pastorius」まで一環している、のだ。30年以上前に一所懸命聴いていた、ということの懐かしさと合わせ、気持ちが入っていくジャコのアルバムは「Word of Mouth」以来、かもしれない。決して、名作とかそんなのじゃないのだけど。

 

Modern American Music...Period

Modern American Music...Period

 

----------------------------

Jaco Pastorius: Modern American Music...Period! The Criteria Sessions (1974, Omnivore Recordings)
1. Donna Lee 2:55
2. Balloon Song (12-Tone) 8:07
3. Pans #1 4:49
4. Havona/Continuum 10:22
5. Kuru 5:39
6. Continuum 4:03
7. Opus Pocus (Pans #2) 6:09
8. Time Lapse 4:13
9. Balloon Song (12-Tone) (Alternate) 12:52
10. Time Lapse (Alternate) 5:17
11. Forgotten Love 1:52
Credits
Jaco Pastorius(b), Bob Economou(ds), Alex Darqui(p), Don Alias(perc), Othello Molineaux, Sir Cederik Lucious (steel ds)