Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Peter Evans: Destination : Void (2013) SF的な廃墟、のような空間に響く

f:id:kanazawajazzdays:20161202185208j:plain

 今年は春先にEvan Parkerを聴いてから、Free Musicへの脳内回廊が開き、思わぬ年になった。今年になって、はじめて聴いた奏者も実に多いのだけど、そのなかでピーター・エヴァンスは「スタイル」的にはFree JazzとかImprovised musicよりも、伝統的なジャズに近いような気がするのだけど、彼が作る場のアヴァンギャルドな匂い、が強烈。とても面白い。エレクトロニクスが作る、似絵のような空間が見る見る破断し、その複雑な破断面をなぞるような超絶技巧のトランペット、とてもメカニカルで人が吹く限界を超えているように聴こえるときすらある。(その意味では、面白さはマーク・ジュリアナに近いかもしれない)

 バンドが作る、人が全て死に絶えたSF的な廃墟、のような空間に響くエヴァンスのトランペットに暖かみは感じない。が、その冷たさが如何にも21世紀と思わせるものがあるが、どうだろうか?

 

Destination: Void

Destination: Void

 

-------------------------------------------------------

Peter Evans: Destination : Void (2013, More Is More Records)
1. 12 (for Evan Parker) 11:12
2. For Gary Rydstrom and Ben Burtt 11:01
3. Make It So 19:20
4. Tresillo 27:10
Peter Evans(tp), Ron Stabinsky(p), Tom Blancarte(b), Jim Black(ds), Sam Pluta (Live electronics)
Mixing, Mastering: Sam Pluta
Engineer: Jeff Svatek
recorded at the Experimental Media and Performing Arts Center in Troy, New York., , March 2013.