Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Gil Evans: Gil Evans Live At The Royal Festival Hall London 1978 (1978) 菊地雅章のパーカー

f:id:kanazawajazzdays:20161126130710j:plain

 これも、お茶の水購入盤。最近になって持っていないことに気がついたもの。同じライヴの別テイクがMole jazzから出ていて、混乱していた。パブリック・シアターとあわせ、菊地雅章参加盤なのだ

 公式盤としては、Now comes the time以来らしいが、続々出るこの時期のライヴは食傷気味。どれだけあるのか、よく分からない。 それでも、ほとんど聴かないビッグ・バンドでギルが例外なのは、彼の音楽がビッグ・バンドというより、ビッグ・コンボ。奏者のソロが行き交う迫力、が好みだから。それでも、2〜3人のキーボードにチューバやフレンチホルンで創り出す通奏低音はとても魅力的。その「色」が奇妙な味を出していて、モンク、ミンガス、ドルフィーに連なる音楽、のように感じさせる。このアルバムでは、そのような色彩のなかでパーカーのメドレー。素晴らしい高揚感。そのなかで延々と続く菊地雅章のソロ。バップのフレーズに接近したり離れたり、面白い。電子オルガンの「軽い音」を延々クネらせている。

参考記事:

-------------------------------------------------------------

Gil Evans: Gil Evans Live At The Royal Festival Hall London 1978 (1978, RCA)
A1. Angel (Jimi Hendrix)
A2. Parabola (Allen Shorter)
A3. Orange Was The Color Of Her Dress, Then Silk Blues (Charles Mingus)
B1. Stone Free (Jimi Hendrix)
B2. Fugue From Concorde (John Lewis)
Blues Inc. Medley:
B3.a Cheryl (Charles Parker)
B3.b Birdhead (Charles Parker)
B3.c Relaxing At Camarillo (Charles Parker)
B4. Epilogue
Gil Evans(p), Hannibal Marvin Peterson, Ernie Royal, Lew Soloff(tp), Arthur Blythe(ss,as), George Adams, Dave Sanborn (reeds, fl), John Clark(French Horn, g), Bob Stewart(tuba), Masabumi Kikuchi(org), Pete Levin(synth), Herb Bushler(b), Sue Evans(ds,perc),
Engineer [Assistant] : Christopher Bould, Joe McCorry, Ray Butcher
Producer, Engineer, Mixed By [Remix] : Peter Ball, Peter Bould
Recorded 25th February 1978
Remixed December 1978