Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Archie Shepp: A Sea Of Faces (1975) ボクにとってのストライク

1975 jazz (reeds, fl) jazz: avantgarde apple music youtube

f:id:kanazawajazzdays:20161117075242j:plain

 先日、大阪で買ったレコードをようやく聴きはじめる。

 この時期のシェップ、それからイタリアのレーベルBlack Saintは好み。価格が手頃ならば、手を出すべし! 1975年のシェップは欧州を巡っていて(多分、山下洋輔なんかと、あちこちのフェスティバルで会っているのだろうね)、モントルーでのライヴはとても好きなアルバム。このアルバムも8月の録音なのでツアーの途中で吹き込んだものだろう。

 このアルバムも全く期待を裏切らないもので、1960年代の荒々しさは影を潜め、その力が前進力のようなものに昇華されて、地に足を着けて、ずいずい進んでいくドライヴ力が魅力。ヴォーカルが入っているが、そのような取り組みも全く滑っていなくて、ライヴよりも弛緩した、楽しい空気の中で、おおらかな味わいを出している。

 楽しいなあ、間違いなく、ボクにとってのストライク。同時期のDENON盤より他者の企画臭(全部が悪い訳ではないが)のようなものがなくて、1975年のシェップそのものが収められている。

 

 

A Sea of Faces

A Sea of Faces

 

 --------------------------------------------------------------------

Archie Shepp: A Sea Of Faces (1975, Black Saint)
A. Hipnosis (Grachan Moncur III) 26:10
B1. Song For Mozambique / Poem: A Sea Of Faces (Semenya McCord) 8:05
B2. I Know About Life (Archie Shepp) 5:20
B3. Lookin' For Someone To Love (Cal Massey) 9:34
Archie Shepp(ss, ts, p, vo), Charles Greenlee(tb), Dave Burrell(p), Cameron Brown(b), Beaver Harris(ds, Tambourine, vo), Bunny Foy(Maracas), Charles Greenlee(Tambourine), Charles Greenlee, Rafi Taha, Bunny Foy(vo)
Engineer: Pino Ciancioso
Producer : Giacomo Pellicciotti
Recorded August 4-5, 1975 at Phonogram Studios, Milano, Italy

Released: 1975

f:id:kanazawajazzdays:20161117075242j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20161117075244j:plain