Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Wolfgang Muthspiel: Bearing Fruit(2003) グレゴリオ聖歌とともに

2003 jazz (guitar) apple music

f:id:kanazawajazzdays:20161116124255j:plain

 ECMでの新譜で気になたWolfgang Muthspielをもう少し聴いてみようと思った。

 このアルバムは、大分前にK君から教えてもらったアルバムがある。グレゴリオ聖歌とともに吹き込んだもの。apple musicにもあった。 

  静謐な音場よりも、むしろ安寧の音場を指向していて、とても自然であり、意識を包み込むように音が流れていく。その滑らかな時間の流れに驚く。朝一番に阿部薫を聴いて、何となく上がったテンションがゆっくり下がっていく。ECM的なアイデアのアルバムだけど、微妙に温度感が違うことが面白いし、また良い意味での環境音楽になり切っている。

Bearing Fruit

Bearing Fruit

 

------------------------------------------------------------------

Wolfgang Muthspiel: Bearing Fruit(2003, Material records)
1. Bells
2. Resurrexi (Introitus)
3. Falling Violins
4. Domine, Probasti Me (Psalmvers Introitus)
5. Gloria Patri (Introitus)
6. Resurrexi With Bass Arpeggio (Introitus)
7. Short Song On Alleluia
8. Alleluia (Antiphon Zur Vesper)
9. Dixit Dominus (Psalm 109)
10. The Lord Is In The House
11. Short Song On Alleluia Part 2
12. Aeolian Cloud
13. Angelus Domini Descendit (Responsorium)
14. Angelus Domini Locutus Est (Responsorium)
15. Iam Surrexit (Responsorium)
16. Vamping
17. Ad Coenam Agni Providi (Hymnus)
18. Christus Resurgens (Antiphon Zum Magnificat)
19. Magnificat
20. Christus Resurgens (Antiphon Zum Magnificat)
21. Early Pat
22. Haec Dies (Graduale)
23. Salve Regina
Wolfgang Muthspiel (g, loops), Daisy Jopling, Sebastian Gürtler (vln), Gerhard Muthspiel (b, loops), Singers of Stift Zwettl and Hofburg Schola