Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM2486) Vijay Iyer, Wadada Leo Smith: A Cosmic Rhythm With Each Stroke (2015) 単なる静謐さを超える何か

f:id:kanazawajazzdays:20161106083749j:plain

 先月末の給料日に、気になっていたCDをまとめ注文。続々、て云っても4枚だけど届いた。レコード蒐集も一息(ウソ付け)と思ったので。まとまって来たアルバムの音の「均質化」と「角が取れる」残響・イコライズ処理にイラッときたので、昨日の記事。 

 このアルバムもECM的な音響処理の中に浸っているのだけど、あまり気にはならない(ピアノの音はもう少しクリアであっても、とは思うが)。トランペットの音がECM的な(やや過剰な)残響空間と良く整合している、と思う。

 トランペットはとても正統的なジャズ・トランペットをしっかり吹いている感じ。そして、その音色の魅力や深みを十分伝えている。そのトランペットを包み込む、トラックごとに様々な色彩で、淡色の空間を、ヴィジェイが構築している。その空間が美しく、また麗しく、最後まで楽しませる。やや雑音的な音まで繰り出すエレクトロニクスの効果が、まさに今の時代の音楽であることを主張しているし、またフェンダー・ローズの音の美しいこと。

 驚いたり、圧倒するようなものはないのだけど、ECMらしい単なる静謐さを超える何か、をしっかり感じさせるいいアルバムだなあ、と思った。フリー系の奏者のECMって、アタリが多いと思うのだけど、どうだろうか?

 

関連サイト:

-------------------------------------------------------------------------

(ECM2486) Vijay Iyer, Wadada Leo Smith: A Cosmic Rhythm With Each Stroke (2015)
1. Passage (Vijay Iyer) 6:15

A Cosmic Rhythm With Each Stroke (For Nasreen Mohamedi) (Vijay Iyer, Wadada Leo Smith)
   2. All Becomes Alive 9:09
   3. The Empty Mind Receives 4:55
   4. Labyrinths 6:43
   5. A Divine Courage 9:12
   6. Uncut Emeralds 7:43
   7. A Cold Fire 5:55
   8. Notes On Water 7:58

9. Marian Anderson (Wadada Leo Smith) 8:23

Vijay Iyer (p, Fender Rhodes, Electronics), Wadada Leo Smith(tp)
Design: Sascha Kleis
Photograph: Megan Fraser
Engineer [Assistant] : Akihiro Nishimura
Engineer [Recording] : James A. Farber
Producer: Manfred Eicher
Released: 11 Mar 2016
Recorded October 17-19, 2015 2015
Avatar Studios, New York

f:id:kanazawajazzdays:20161106083749j:plain