Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Kris Davis: Duopoly (2015) 今この瞬間、ニューヨークでの、デュオという対話

f:id:kanazawajazzdays:20161020195440j:plain

 今この瞬間、ニューヨークでの、デュオという対話、が79分収録されている。アヴァンギャルドだとか、伝統だとか、そんな陳腐な議論を寄せ付けない、今を生きる奏者達の会話。世代も広く幅がある。あの街での奏者達について、ある時間の断面を切り取ったようなアルバム。

 そこに強く感じるのはPeter Evansのアルバムと同じように、あからさまではない、ジャズの淡い匂いであり、そして驚くほどに柔らかでアコウスティックな感触。1970年代に米国のジャズをサンプリングし、現代音楽やロック、民族音楽などとともに再構築し、境界を無意味化したECMの取り組み、を逆向きにしたような純化ECMの音世界から、静謐で数少ない音で世界を組み立てるような部分を抜き出し、改めてジャズの土台を強く持つ奏者達が再定義したような(うまく書けないが)hidden groove。そんな気持ちよさ、を感じ続けている。

 昨夜ダウンロードし、深夜の自宅、あるいは仕事場で聴き続けている。最近のECMの残響過多にイヤ気があったが、このアルバムややデッド気味の音で、少し弱めの残響を付加して聴いてみたくなった。録音がもう少し硬質だったらいいなあ、とか。柔らかすぎるように思った。なんだ、ECMファンじゃないか!

 

 bandcamp:

apple music:

youtube:

amazon:

Duopoly

Duopoly

 

--------------------------------------------------------

1. Prairie Eyes (with Bill Frisel) 06:04
2. Surf Curl(with Julian Lage) 04:15
3. Fox Fire(with Craig Taborn) 08:58
4. Beneath The Leaves(with Angelica Sanchez) 05:58
5. Eronel(with Billy Drummond) 05:29
6. Dig & Dump(with Marcus Gilmore) 06:04
7. Trip Dance for Tim (with Tim Berne) 06:34
8. Prelude to a Kiss(with Don Byron) 04:21
9. Don Byron 04:04
10. Tim Berne 04:05
11. Marcus Gilmore 03:34
12. Billy Drummond 04:15
13. Angelica Sanchez 04:12
14. Craig Taborn 04:27
15. Julian Lage 03:24
16. Bill Frisell 03:09
Kris Davis(p), Bill Frisell, Julian Lage(g), Craig Taborn, Angelica Sanchez(p), Billy Drummond, Marcus Gilmore(ds), Tim Berne, Don Byron(ds)
released September 30, 2016
Music recorded live at Sear Sound in New York City May 21st, 22nd, & 31st, 2015