Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Gary Peacock, 佐藤允彦, 富樫雅彦: Wave II (1987) ピーコックの曲作り

f:id:kanazawajazzdays:20161006182421j:plain

 昨日届いたCD、早速、聴いている。ピーコックの曲作り、の素晴らしさが堪能できる一枚、じゃないかなあ。

 Waveと銘打ったアルバムは3枚ある。 Gary Peacock, 佐藤允彦, 富樫雅彦の3人のトリオ。Waveは富樫雅彦主導、Wave IIはGary Peacock主導、Wave IIIは佐藤允彦,主導という趣向。WaveとWave IIIはチラっと聴いて後回し。印象が残っていない(後で聴いてみよう)。

 富樫雅彦佐藤允彦のアルバムを随分持っている。とても良く出来たアルバムばかり。だけど、ある種のパターンがあって、その中にはまり込むと、代わり映えしないような弊がある。だからアルバムの曲作りや、メンバー構成の工夫がないと、つまらなく感じることが多い。だから、富樫雅彦キングレコード時代(1970年代後半から1980年代)は、そのあたりが細やかに配慮されていた、ように感じる。鈴木勲との演奏とか、ドン・チェリーとやったり、とか。

 Waveを聴いたときには、あまり面白くない、と感じたのは、ある種「予定調和」のなかにあったから、だと思う。

 このアルバムは曲ごとに印象が異なる、また細やかな曲作りもあって、最後まで楽しむことができる。音を遣いすぎるキライがある3人だけど、そのあたりが抑制的で、それが空間的な音を楽しませるようになっている。

 なかでも2曲目Syncのミニマル的な曲の作りが、楽器の響きの余韻のようなものを聴かせるようになっていて、静寂のなかに灯った小さな明かり、のような暖かさにほっとしてしまった。


参考記事:

 

ウエイブII

ウエイブII

 

 -------------------------------------------

Gary Peacock, 佐藤允彦, 富樫雅彦: Wave II (1987, Paddle Wheel)
1. Feisty Won 5:33
2. Sync 10:14
3. Boogie Woo 5:42
4. No Noh 4:11
5. Song For Pedro 8:15
6. Mach Bawp 6:51
7. Future This 8:19
Gary Peacock (b), Masahiko Satoh(p), Masahiko Togashi(perc)
Musical Director: Gary Peacock
Art Direction: Seiichi Suzuki
Producer: Toshinari Koinuma
Released: 21 Jan 1988
Recorded May 28 & 29 1987 at Sedic Studio, Tokyo.