Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

大口純一郎、米木康志、本田珠也@金沢・もっきりや(10/3)粒立つ美音

f:id:kanazawajazzdays:20161004143218j:plain

 昨年のケイ赤城トリオでの本田珠也が印象的であったので、今年もでかけた。大口純一郎トリオ。大口純一郎は1970年代からの長いキャリア、なのだけど、今まで聴く機会はなかった。

 印象的であったのは、もっきりやのピアノを美しく鳴らしていたこと。今まで聴いた中で一番じゃないかな(沢山は聴いていません、すみません)。かといって、ゆっくりと響かせて弾いていた訳じゃない。流れるようなソロのなかで、一音一音が粒立っているのだ。

 選曲は1950年代末から1960年代くらい、あるいはマッコイ風の感じで、とてもオーソドックスなピアノ・トリオ。悪く云えば不器用、とか一徹、という言葉が似合う感じ。なんか懐かしいジャズだったなあ。

 米木康志を聴くのも久しぶり。30年ぶりくらいかなあ。 オトコの黒髪がトレードマークだけど、随分と白くなっていた。

最初は余り鳴っていなかったが、ドラムに煽られながら熱くなっていた感じ。

 本田珠也は全くの期待通りの鋭いドラム。 熱い演奏だった。

 最近は、こんな感じのジャズと違うものを聴いているように思う、ので、なんとも何も考えずにのんびりした夜になった。 

f:id:kanazawajazzdays:20161004143240j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20161004143256j:plain