Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Radka Toneff: Live In Hamburg (1981) ある瞬間の輝き

f:id:kanazawajazzdays:20160921183220j:plain

 ある瞬間の輝き、のようなものだと思う。トネフのFairytalesのことである。

  このレコードの音の奥行きは深く、闇が音を吸い込んでいる趣がある。この一枚出自己完結していて、他のアルバムに全く関心が向かなかった。

  ここ二日は人間ドックで、夜滞在していたホテルで、彼女のライヴアルバムがあることを知った。Fairytalesの2人に、アンデリセンのベースとドラム、ハンブルグでの録音。apple musicで聴いてみると、録音は良く(放送テープを、Rainbow StudioでJan Erik Kongshaugがマスタリングしている! )、発掘モノにありがちなブート紛いのものではない。

 しかし、決してFairytalesの世界を唄っている、訳ではなくて、ごくごく普通の1980年代はじめのジャズ歌手のライヴなのである。そこには意外感はなく、うん上手いね、って感じで聴いている観客の感じがよく分かる。それだけ、なのだ。だから、Fairytalesは、彼女が自死する前の、ある瞬間の輝き、のようなものだったと思うのだ。

  ただ、このアルバムのなかでブルガリア民謡を取り上げた9曲目には、ブルガリアのようで、そうでなく、おそらく北欧の土着の唄のようなものが溢れ出る瞬間に、彼女のFairytalesだけではない、世界を垣間見ることができる。この曲を聴いて、はじめて、もう少し彼女を聴きたかった、と思った。

 

Live In Hamburg

Live In Hamburg

 

--------------------------------------------------------------

Radka Toneff: Live In Hamburg (1981, Odin)
1. Spring Can Really Hang You Up The Most (Landesman, Wolf) 8:06
2. Never Letting Go (Steve Bishop) 5:20
3. Lonely Woman (Ornette Coleman) 7:32
4. A Certain Peace (A.Andersen, N. Giovanni) 6:01
5. Antonio's Song (M.Franks) 5:00
6. Set It Free (K.Loggins) 4:33
7. Just Like A Woman (B.Dylan) 5:28
8; Rest Enough (A.Shepp) 5:12
9. Bulgarian Folksong - Fire (A.Andersen, N.Giovanni, Trad.) 9:34
10. Havana Candy (P.Austin) 3:33
11, We'll Be Together (J. Osborne) 5:11
Radka Toneff(vo), Steve Dobrogosz(p), Arild Andersen (b), Alex Riel(ds)
Photography By – Svein Christiansen
Producer: Michael Naura
Recorded by Norddeutscher Rundfunk (NDR)
Remastered by Jan Erik Kongshaug
Recorded live at "Onkel Pö" in Hamburg, March 10 1981.
Edited and mastered at Rainbow Studio, Oslo, December 7, 1992.
Mastered at Masterhuset, Oslo.