Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Mary Halvorsonを聴いていたら、Carla Bleyが気になってきた、訳ではないのだけど

jazz (piano) jazz (guitar) jazz: avantgarde youtube apple music

 メアリー・ハルヴォーソンを聴いていたら(まだ試行感覚だけど)、カーラ・ブレイのIda Lupinoが出てきた。ギターの変な「変調」もかからず、実に真っ直ぐな4分20秒。Folk的な味、が強調されていて内向的・耽美的な演奏が多い中で、異彩(?)を放っているように思える。世代を超えて、カーラの曲に向かい合う、そんな感じが嬉しかった。

 カーラ・ブレイはもう80歳。ボクのなかでは、1990年頃のスワローとのデュオのヴィデオ・クリップのままだったので、近年のインタビューでの2人(スワローと)での老け込み方は衝撃だった。80歳と78歳であれば、当たり前だけど。未だ、イメージ(文字通り)が更新されていないのだ。

1988年のコンサート

近年のインタビュー

 実は、カーラの曲ほど、カーラのアルバムは聴いてこなかった。最初に買ったアルバムはMusique Mecaniqueで、様々な音のcomponentsが放り込まれ、その「奇妙な味」が合わなかったのだ。それからJCOAも。

 彼女のアルバムを聴くようになったのは、彼女のピアニズムを楽しむことができるスワローとのデュオ3枚から。そしてECMからの近年の2枚は、静謐で深い側面に焦点を当てていて、80代目前で新しい音を聴かせてくれている。

f:id:kanazawajazzdays:20160918074341j:plain

最近届いたレコード。デュオは下のアルバム。

f:id:kanazawajazzdays:20160918074325j:plain

最新作(LPレコード)

 

そして、これから一連のカーラの過去のアルバムを聴こうかと思っている。彼女の音を脳内に導く回廊が出来ている、ように思えるから。

f:id:kanazawajazzdays:20160918074329j:plain