Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM1078) Enrico Rava: The Plot (1976) 管の響きが与える陰翳

f:id:kanazawajazzdays:20160915084828j:plain

前作「The pilgrim and the stars」の1年後の吹き込み。またメンバーも同じ。続編、と云って良い。 

 だから、アルバムの印象も実に似通っている。続編。ラヴァの魅力は、管の響きが与える陰翳、だと思う。前作は、その暗い響きがクロンビー達が奏でる1970年代の新しい音(ジャズ・ロックから昇華しやような)の上で躍動する、それが魅力だった。時系列に聴いていくなかでの、1年後の本作では、その音空間が常態化しているので、驚きは感じない。また前作ほど、強い陰翳は感じない。曲調、の違いだろう。感想は前作と重なる。

 決して駄作ということでなくて、1974年から1975年の吹き込みで、次々と新しい音を造り出していたECMが安定期に入った、と捉えている。短いピッチでの上昇期と安定期の繰り返しなのだろうな、と思う。

 余計なことだけど、裏ジャケットのラヴァ、蛾次郎に見えた

 

Plot

Plot

 

参考記事:

 ----------------------------------------------------------

(ECM1078) Enrico Rava: The Plot (1976)
A1. Tribe (Enrico Rava) 6:51
A2. On The Red Side Of The Street )Enrico Rava, Graciela Rava) 5:22
A3. Amici (Enrico Rava) 9:04
B1. Dr. Ra And Mr. Va (Enrico Rava) 6:40
B2. Foto Di Famiglia (Enrico Rava, John Abercrombie) 2:22
B3. The Plot (Enrico Rava) 15:00
Enrico Rava(tp), John Abercrombie(g), Palle Danielsson (b), Jon Christensen(ds)
Cover Design: Beatrize Vidal
Photograph: Giuseppe Pino
Engineer: Jan Erik Kongshaug
Producer: Manfred Eicher
Released: 1977
Recorded August 1976 at Talent Studio, Oslo

f:id:kanazawajazzdays:20160915084828j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160915084840j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160915084845j:plain