Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM1077) Edward Vesala: Nan Madol (1974) エキゾチックで不思議な音空間

f:id:kanazawajazzdays:20160914073001j:plain

 ECMを聴く安心感、はアイヒャーの音世界がある種の予定調和のなかにあって、様々なジャズ周縁の音の断面を見せてくれて、新鮮な驚きを与えてくれる確信、から来ることは間違いない。1970年代から80年代、リアルタイムに感じたECMはそんな感じで、今、それをなぞっている。

 エドワード・ヴェサラは、共演者として幾つかの録音をECMに残していて、その名前は知っていたが、リーダ作としては1作目。フィンランドの奏者。ECMで初めてのフィランドのアルバムではないかな。

 内容は多岐にわたる。現代音楽的なもの、improvised music的なもの、フリージャズ的な集団即興など。いずれも、今、聴いても新鮮であり、丁寧に作り込まれた印象がある。民族音楽的な雰囲気を前面に出している訳ではないが、今までのECMにはない、少しエキゾチックで不思議な音空間を造りだしている。フリージャズを現代音楽のように再構築したような感じか。このあたりが、とても現代的なアルバム。

 このアルバムの経緯は面白い。1974年にJAPOから発売されている。録音はヘルシンキでヴェサラのプロデュース(とは書いていないが)ではないか。JAPOのときも、ECMでミキシングしている。そして、1976年にジャケットを変えて、再発売されている。自分のプロデュースではないが、アイヒャー自身が気に入ったアルバムではなかろうか。音を聴いて、確信に近いものを感じた。

 

JAPOで発売されたアルバム:

www.discogs.com

Nan Madol

Nan Madol

 

 参考記事:

---------------------------------------------------------------------------

[ECM1077] Edward Vesala: Nan Madol (1974)
A1. Nan Madol (Edward Vesala) 6:02
Edward Vesala (ds,perc, fl), Kaj Backlund(tp), Juhani Aaltonen(ss), Sakari Kukko(fl), Juhani Poutanen(vln), Teppo Hauta-aho(b)
A2. Love For Living (Edward Vesala) 3:48
Edward Vesala (harp), Juhani Aaltonen(ss)
A3. Call From The Sea (Edward Vesala) 1:58
Edward Vesala (perc)
A4. The Way Of ... (Edward Vesala) 12:08
Edward Vesala (ds), Elisabeth Leistola(harp), Kaj Backlund(tp), Juhani Aaltonen(ts,p-fl), Juhani Poutanen(vln), Teppo Hauta-aho(b)
B1. Areous Vlor Ta (Edward Vesala) 12:38
Edward Vesala(ds), Kaj Backlund(tp), Mircea Stan(tb), Charlie Mariano(as, Snaga Varam), Pentti Lahti(ss), Juhani Aaltonen(ts), Seppo Paakkunainen(ss), Juhani Poutanen(vln), Teppo Hauta-aho(b)
B2. The Wind (Edward Vesala) 9:23
Edward Vesala(ds,perc, fl), Kaj Backlund(tp), Juhani Aaltonen(fl,bells,voice), Charlie Mariano(fl), Pentti Lahti (b-cl), Seppo Paakkunainen(ss), Juhani Poutanen(bells, voice), Teppo Hauta-aho(b, bells, voice)
Cover Photo: Pawel Lucki
Photo: Erik Uddstrom
Layout: Dieter Bonhorst
Engineer – Harry Bergman
Mixing: Jan Erik Kongshaug, Manfred Eicher
Released: 1976
Recorded April 25, 26, 1974 at Alppi Studio, Helsinki

f:id:kanazawajazzdays:20160914073001j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160914073008j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160914073013j:plain