Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Fred Frith: Another Day In Fucking Paradise (2016) 帰りの列車で聴いている

2016 jazz: Intakt jazz (guitar) jazz: avantgarde apple music

f:id:kanazawajazzdays:20160909191914j:plain

 帰りの列車で聴いている。

 長い出張の最後は名古屋で打ち合わせ。出先からタクシーに飛び乗って、新幹線からしらさぎ。17時に打ち合わせから抜けだし、金沢へ最速で向かっている。

 Bandcampからダウンロードし、かなり聴いているが、うまくイメエジが頭の中でFocusしない。個々の音は面白いのだけど、何故だろう。不思議だ。

 フレッド・フリスは聴いたこと、がなかった。ジャズのレーベルIntaktから出ているのが面白く、また試聴で「斜め読み」ならぬ「斜め聴き」で、いいと思ったのだけど。

 もう少し聴いてみようと思うのだけど、解体された音の背後に隠れた韻律のようなものが、ボクは親しんだFree Jazz/Improvised musicとは、何か異なるように思えるのだけど、どうだろうか。異なる、というか、感じない、の方が違う。べったりと拡散したような音を聴いていて、そう思った。脳内の「音の回廊」のようなものが出来ていない。

(車中にて)

 

itun.es

Another Day in Fucking Paradise [Explicit]

Another Day in Fucking Paradise [Explicit]

  • アーティスト: Fred Frith Trio with Jason Hoopes & Jordan Glenn
  • 出版社/メーカー: Intakt Records
  • 発売日: 2016/05/13
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

---------------------------------------------------------------

Fred Frith: Another Day In Fucking Paradise (2016, Intakt Records)
Fred Frith(g), Jason Hoopes(b), Jordan Glenn (ds)
Recorded at Sharkbite Studios, Oakland, January 2016.