Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Paul Bley: Closer (1966) ECMのことを考えながら

1966 jazz (piano) jazz: Paul Bley youtube vintage vinyl apple music

f:id:kanazawajazzdays:20160904092701j:plain

 昨日届いたポール・ブレイのESP盤。カーラ・ブレイの曲が中心。あとポール、アネット・ピーコック、オーネット・コールマンと役者が揃っている。まさに、そのような空気の中からECMが生まれたんだよなあ、と思う。ECM設立の僅か3年前。

 初期のECMのアルバムのなかには、この時期のブレイの演奏があって、それをre-masteringして、「ECMっぽい」残響感を軽くつけている。だからまさに、このアルバムの演奏は揺籃期のECMの源流。勿論、村井康司さんの著作で書かれているように、1961年のジミー・ジェフリー・トリオが原点なのだろうが、その3人のうち2人がブレイとスワローだから、まさに、である。

 ESP盤というと、アイラーのイメージが強くて、強面なんだけど、このアルバムはブレイのIda Lupinoではじまり、少し驚く。優しい気持ちになる。曲として、旋律に気持ちを持って行かれるのは、冒頭の曲くらいなのだけど、ポール・ブレイのピアノが点景のような音、ピアノを十分響かせた、を並べていくような、抽象的な音の組み立てが続いていく。

 入手したのはESPの初期のプレスなのだけど、米盤らしい強い、キレの良い音。ベースとドラムはオフで、バランスが悪い。だからブレイの点景のような抽象的な音、との相性は必ずしも良くない。スキマだらけ。だから、楽器間のバランスを直し、このスキマに残響を入れるようなイコライズ処理を行うと、立派にECM盤になるだろうな、というようにきこえて面白い。

 

apple music:

参考記事:

 amazon:

Closer

Closer

 

 

いりぐちアルテス004 JAZZ100の扉  チャーリーパーカーから大友良英まで (いりぐちアルテス 4)

いりぐちアルテス004 JAZZ100の扉 チャーリーパーカーから大友良英まで (いりぐちアルテス 4)

 

 -------------------------------------------

Paul Bley: Closer (1966, ESP)
A1. Ida (Carla Bley)
A2. Start (Carla Bley)
A3. Closer (Carla Bley)
A4. Sideways In Mexico (Carla Bley)
A5. Batterie (Carla Bley)
B1. And Now The Queen (Carla Bley)
B2. Figfoot (Paul Bley)
B3. Crossroads (O. Coleman)
B4. Violin (C Bley)
B5. Cartoon (A Peacock)
Paul Bley(p), Steve Swallow(b), Barry Altsho(perc)
Art Direction: J. Dillon
Engineer: R. L. Anderson
ESP Disk 1021 

f:id:kanazawajazzdays:20160904092701j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160904092713j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160904092727j:plain