Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Miles Davis: Cookin' With The Miles Davis Quintet (1956) Prestigeでは残響音は抑え気味に(まだまだRVG)

f:id:kanazawajazzdays:20160903065901j:plain

 Opus de Jazzと同じ時期のPrestigeを聴いてみる。基本的には同じような音圧が高い録音ではあるが、残響音の付加が消えている。それだけ、すっきりとした「リアル」な音に聴こえる。モノラル録音の時代。残響音がなくとも、絶妙のセッティングで眼前にクインテットが広がる。くぐもった感覚は全くなく、すかっとした空間。Blue Noteよりも高音がはっきりしている。

 ピアノの音は抑制気味。やはりクスんだようなトーン。ただし、ガーランドのソロ、かのコロコロした弱音の煌めき、は綺麗にとらえられている。

 Blue Noteの「夜のジャズクラブ」のような心象はなくて、スタディオでの彼らの演奏をドキュメンリー的に楽しむことができた。

 演奏は? 沢山のガイドブックや他のブログにしっかり書いてあるので、もう何も書けない。いいアルバムです。はい。

関連記事:

-------------------------------------------------------------------------

Miles Davis: Cookin' With The Miles Davis Quintet (1956, Prestige)
A1. My Funny Valentine(Rodgers) 5:59
A2. Blues By Five (Davis) 9:59
B1. Airegin (Rollins) 4:24
B2. Tune Up(Davis) / When Lights Are Low(Carter) 13:08
Miles Davis(ts), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers (b), Philly Joe Jones(ds)
Artwork [Cover]: Phil Hays
Design [Cover]: Reid Miles
Liner Notes: Ira Gitler
Recorded by Van Gelder
Mastered by RVG
Prestige – PRLP 7094
Recorded on October 26, 1956.

f:id:kanazawajazzdays:20160903065901j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160903070044j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160903070013j:plain

RVGの刻印