Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Jane Ira Bloom, Fred Hersch: As One (1984) 録音が残念なレコード

f:id:kanazawajazzdays:20160901074238j:plain

 昨日のシールマンスに続き、届いたハーシュのレコード聴き。ハーシュの美音をレコードで聴くと、柔らかさが強調され気持ちが良い。

 このアルバムは、はじめて聴くジェーン・アイラ・ブルームという女性のソプラノサックス奏者とフレッド・ハーシュのデュオ。比較的ゆっくりとした曲中心なので、ハーシュの美音が楽しめるが、印象が弱い。ひとつは録音の問題。とてもDeadな感じで、見事にピアノの残響音とか、管の響きのようなものが抜けている。ソプラノサックスの音がピラピラでハーモニカのようにきこえる。デュオで大切な、二人の間に広がる空間のようなものが感じられない。

 このレコードは、Winter & Winterの前身であるJMTから出たもの。DMM( (Direct Metal Mastering)と銘打ったものだけど、不思議とこのDMMでいいなあ、という録音には出会っていない。このレコードもそう。その点が残念。

 

参考記事:

 

---------------------------------------------------------------

Jane Ira Bloom, Fred Hersch: As One (1984, JMT Productions)
A1. Waiting For Daylight (Jane Ira Bloom) 8:59
A2. Desert (Jane Ira Bloom) 4:11
A3. A Child's Song (for Charlie Haden) (Fred Hersch) 6:01
B1. Miyako (Wayne Shorter) 6:36
B2. Inside (Fred Hersch, Jane Ira Bloom) 3:52
B3. Winter Of My Discontent (Alec Wilder) 4:44
B4. Janeology (Fred Hersch) 5:23
Jane Ira Bloom(ss), Fred Hersch(p)
Design [Cover]: Christine Paxmann
Engineer: Michael MacDonald
Executive Producer : Stefan F. Winter
Produce: Jane Ira Bloom, Fred Hersch
Recorded September 1984, Live to Digital 2-Track, at Classic Sound, New York City
Mastered (Direct Metal Mastering) at Teldec, Berlin

f:id:kanazawajazzdays:20160901074238j:plain