Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Elina Duni: Muza E Zezë (2014) 民族音楽的なノリはなくて、軽い感じで、楽しめるアルバム

 

f:id:kanazawajazzdays:20160821065919j:plain

ネット上で、吉本秀純さんが以下のインタビュー記事を執筆、紹介された: 

  アルバニア出身のジャズ歌手Elina Duniが9月に来日する。知らない歌手であったが、バルカン半島の深部、しかもECMから、ということで、とても興味が出ている。

 アルバニアギリシャ独立の後も、20世紀初頭までオスマン朝の支配が続いた地域で、社会主義化される前はイスラム教化された南スラブ人という、特異な立ち位置。第二次世界大戦の後は共産化。ソ連スターリン主義批判の後はソ連とも関係を絶ち、鎖国化。1992年に一党独裁が終わり、アルバニアの総選挙。民主化というよりカオスへの路のはじまり。その1992年に彼女はスイスに亡命。なぜだろうか。

 そんなことで、なんとなくトルコとかブルガリアの音に近いような予感。Trio Tzaneのような空気感が楽しめたらいいなあと思った。

 Trio Tzaneのアルバムは仏Naiveから、Elina Duniは独ECMから。ともに聴き手が期待する「オリエンタリズム」への合わせ込み、がしっかりなされているのではないか、と思う。 

 Elina DuniのECMでの楽曲と、彼女の自主製作盤Muza E Zezëを聴き比べると、やはりECMのほうが静謐感が増量されているし、ジャズっぽくなっている。

youtu.be


 彼女の自主製作盤Muza E Zezëは、ECMでの曲よりは、土着的な匂いが強いのではないか。それでもクセは全く強くなく、案外、都会的な響きなのは20年以上にわたるスイス生活のためか。あんまり民族音楽的なノリはなくて、軽い感じで、楽しめるアルバム。売っていないようなので、apple musicで。

 吉本さん、ご紹介ありがとうございました。

apple music: 

itun.es

------------------------------------------------------------------

Elina Duni: Muza E Zezë (2014, Elina Duni Self-released)
Released: 11 Jul 2014
1. Muza E Zezë ( lyrics, music: Elina Duni) 2:57
2. Në Tiranë ( lyrics, music: Elina Duni) 3:09
3. Mos Ki Frikë ( lyrics, music: Elina Duni) 3:48
4. Miq ( lyrics, music: Elina Duni) 3:17
5. Në Haremin Tënd ( lyrics, music: Elina Duni) 4:17
6. Pa Fjalë ( lyrics, music: Elina Duni) 4:13
7. Zgjeroje Zemrën ( lyrics:Ndoc Gjetja , music: Elina Duni) 3:42
8, Pamundësi( lyrics:Besa Myftiu , music: Elina Duni) 3:33
9. Era E Fëminisë ( lyrics, music: Elina Duni) 2:57
10. Little Love ( lyrics, music: Elina Duni) 4:00
11. E Pastaj? ( lyrics, music: Elina Duni) 3:22
12. Kështjella ( lyrics, music: Elina Duni) 2:40
13. Të Ç'dua ( lyrics, music: Elina Duni) 3:23
14. Shuj ( lyrics, music: Elina Duni) 3:09
15. Zhdukemi ( lyrics, music: Elina Duni) 3:16
Elina Duni (vo, p on 14), Ermal Rodi(sax, cl), Arjan Gjici(g), Armend Xhaferi(g, b), Gent Rushi (accordion, key), Enes Bajramliqi(ds)