Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM1075) Jan Garbarek, Bobo Stenson Quartet: Dansere (1975) ブロウは影を潜め

f:id:kanazawajazzdays:20160818104355j:plain

 久しぶりのECMのレコード聴き。今は、ブログ移転に伴う過去記事の修正に時間をとられている。

 このアルバムジャケットをよく見ると、Jan Garbarek Bobo Stenson Quartetの双頭カルテット。作曲・編曲はガルバレクなので、実質的にはガルバレクのアルバムなのだけど。過去の彼のアルバムと違うのは、ブロウは影を潜め、曲が作り込まれている印象が強いこと。つまり、今のジャズにつながる内容に変遷してきた、ということ。

 それに加えステンソンのピアノがとても良い。音の照り、のようなものが心地よい。勿論、ダニエルソン、クリステンセンとのまとまりも良く、確かにJan Garbarek Bobo Stenson Quartetなのだ。ダニエルソンのアルコが要所要所でガルバレクと絡んでいて、音に厚みを出している。編曲がうまい。

 B3では北欧の古謡Etterをもとにした曲が演奏される。民族音楽的な管のトーンからはじまる。その後の彼の演奏活動の起点になるようなアルバム。

 ジャケットのシールを見てわかるように、ドイツの録音大賞(だったかな)を得ている。残響はほどほど、4人の楽器が明確に定位される。清澄な音のアルバムなので、無音に音の奥行きを感じるECMらしいアルバムだ。

amazon (試聴できます):

Dansere

Dansere

 

 参考記事:

-------------------------------------------------------------------------

(ECM1075) Jan Garbarek, Bobo Stenson Quartet: Dansere (1975)
A1. Dansere (Jan Garbarek) 15:03
A2. Svevende (Jan Garbarek) 4:58
B1. Bris (Jan Garbarek) 6:11
B2. Skrik & Hyl (Jan Garbarek) 1:30
B3. Lokk (Etter Thorvald Tronsgard)(Trad. arr: Jan Garbarek) 5:39
B4. Til Vennene (Jan Garbarek) 4:47
Jan Garbarek)sax), Bobo Stenson(p), Palle Danielsson (b), Jon Christensen(ds)
Design: Frieder Grindler
Photograph: Jochen Mönch
Engineer: Jan Erik Kongshaug
Producer: Manfred Eicher
Release: 1976
Recorded November 1975 at Talent Studios, Oslo

f:id:kanazawajazzdays:20160818104355j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160818104450j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20160818104515j:plain