Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM2487) Carla Bley: Andando El Tiempo (2015) 2年半の時を経たが

f:id:kanazawajazzdays:20160810090628j:plain

 前作から2年半を経たが、そこには何か差分はあるのだろうか。カラーの曲集を同じ3人が、同じ場所で、同じスタッフで吹き込んでいる。前作のジャケット写真と今回を比較すると、カメラ位置や画角は同じで、カーラが姿勢を持ち上げただけ、のように感じる。そのあたりに、何か「引っかかり」のようなものを感じて、文章で印象を書いてみる、ということが出来ないでいた。

 比較して聴いてみると、音場の感じは全く一緒。3人の音色も変わっていない。そうすると、ただの二番煎じじゃないか、と思うのだけど、そうでない。

 前作は3人の関係はかなり対等であり、インタープレイが中心。カーラのソロよりも、むしろ他の楽器に反応し出すカーラの装飾音のようなものが、とても軽やかで美しく華やいでいる。そこに旨味、を感じた。

 本作はむしろカーラのピアノそのものに焦点が当たっていて、より静謐な世界に向かっている。彼女なりに冥界と向かい合っている音、じゃなかろうか。だから、今まで以上に、内省的なカーラの演奏になっている、と思う。前作がWATT(カーラのレーベル)からECMへの過渡的な作品であるならば、本作はECMの音世界のなかに完全に落とし込まれている、のである。

 オリジナルがレコードではない、オリジナルがCDの場合のレコードは買わないことにしているのだけど、なかなか我慢できない。本作のように音が良ければなおのこと。手を出してしまった。やれやれ。


参考記事:

 

------------------------------------------------------------

(ECM2487) Carla Bley: Andando El Tiempo (2015)
1. Sin Fin 10:23
2. Potación De Guaya 9:50
3. Camino Al Volver 8:29
4. Saints Alive! 8:35
5. Naked Bridges / Diving Brides 10:05
Composer: Carla Bley
Carla Bley(p), Steve Swallow (b), Andy Sheppard (ts,ss)
Design: Sascha Kleis
Engineer: Stefano Amerio
Photograph: Caterina di Perri
Producer: Manfred Eicher
Released: 06 May 2016
Recorded November 2015
Auditorio Stelio Molo RSI, Lugano

f:id:kanazawajazzdays:20160810090656j:plain