Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Ricardo Herz & Antonio Loureiro (2014) なにものでもない、されど、なにものかである音楽

 アントニオ・ロウレイロはミナスの多楽器奏者・歌い手。東京でのライヴアルバムですっかり掴まれてしまった。

 このアルバムはロウレイロがヴィビラホンを弾く、ヴァイオリンとのデュオ。彼の素晴らしい唄、がないと気がついてがっかりしたのは一瞬。なにものでもない、されど、なにものかである音楽が眼前に広がった。

 なにものでもない、ジャズなのか、現代音楽なのか、ブラジル音楽なのか、そんなジャンルの括りがすっかり無効化され、なにものかである考えすらさせない音楽。

 ヴァイオリンとヴァイヴのデュオってはじめて聴いた気がする。高音に偏重した音なのだけど、そのようなキツさは感じさせない。

  静養中、に選ぶと、こんな音楽になる。

Apple music:

itun.es

参考記事:

------------------------------------------------------------------------

Ricardo Herz & Antonio Loureiro (2014,Boranda)
  1. Baia~o de Lacan (Guinga & Aldir Blanc)
  2. Mosquito (Antonio Loureiro)
  3. Por Cima Da Barra (Antonio Loureiro & Ricardo Herz)
  4. Sambito (Lea Freire)
  5. Saci (Ricardo Herz)
  6. Arme^nia (Antonio Loureiro)
  7. Cego Aderaldo (Egberto Gismonti)
  8. Hipnose (Ricardo Herz)
  9. Quinem Quiabo (Antonio Loureiro)
 10. Lamento (Antonio Loureiro)
 Antonio Loureiro(vib), Ricardo Herz(vln)