Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

新宿で入手したレコード

f:id:kanazawajazzdays:20160803051515j:plain

 天候が不安定な東京へ、久しぶりの出張。あまり出かけたくないので、積極的には動いていない。だから、本当に久しぶり。仕事の前の隙間時間に、レコードを見に行った。

 まずは新宿へ。新宿の東口に立つと、35年前に大阪から夜行列車で来て、ピットインやDUGに行った頃のことを思い出す。紀伊國屋書店の横のピットイン。その頃の気分を懐かしく味わいながら、降ったり止んだりの街を歩いた。そしてディスクユニオンのジャズ館、ロック館(にもジャズがある)へ。

 最近は欲しいと思ったレコードも一段落。棚のレコードを見るのも余裕。気分に引っかかるアルバムを抜いてきた。日本のジャズ、1980年頃のジャズ、元来好きだった辺りに戻ってきたような気がする。

f:id:kanazawajazzdays:20160803052249j:plain f:id:kanazawajazzdays:20160803052318j:plain

日本のジャズ・加古隆富樫雅彦。随分と揃えたが、キリがない。

f:id:kanazawajazzdays:20160803052436j:plain  f:id:kanazawajazzdays:20160803052446j:plain

ファラオとロニー・リストン・スミスとくりゃ、欲しくなった。ジョー・パスとかのPablo盤は出来れば米盤、背伸びして独盤が欲しいが、まあ日本盤でもさほど悪くない。日本盤は人気がないので、CPが極端に良い。1000円もしないのだから。

f:id:kanazawajazzdays:20160803052851j:plain

これはグラスパの新譜。このあいだのピアノ・トリオはレコードに手を出さなかったが、Black radioとか、これ、あまりジャズ性が高くないものが面白い。

 ジャズ館での古いレコードに眼も行かなかったのは自分でも驚き。1970-1980年頃のFree Jazzに眼が行ったが、欲しいものはあまりなかった。