Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Egberto Gismonti (1969) 音の振幅

f:id:kanazawajazzdays:20160724072128j:plain

 音の振幅が大きい、というか、ボッサ風からジャズ風、MPB風と広がっているが、ジスモンチの音そのもの。冒頭の曲から、40年以上前からジスモンチはジスモンチであって、そんなに変わっていないことを知る。

 今春のナナ・ジスモンチのコンサートは、ナナの逝去で単独コンサートとなったが、是非とも行きたかった。が仕事で行けなかった。とても残念。だけど、こうやって彼の音を流していて、かなり満足していることもあって、実は心底残念、と思っている訳でもない。

 強い個性を持っている人は、スタイルがその人そのもので、時間・時代の干渉を撥ね付けている部分がある。ジスモンチは、その類いの人。この「デビュー・アルバム」を聴いてそう思う。

 勿論、ECMの1970年代のアルバムで存在を知ったのだけど、ECM以外のアルバムでは彼の振幅は大きく、ECMで濾過される前の原液を呑むことができる。毒は強いが、エグ味が美味しい。

youtube:

youtu.be

apple music:

-----------------------------------------------------------------

Egberto Gismonti (1969, Elenco)
1. Salvador 3:41
2. Tributo A Wes Montgomery 3:21
3. Pr'um Samba 3:08
4. Computador 3:12
5. Atento, Alerta 3:18
6. Lirica II (Pra Mulher Amada) 1:37
7. O Gato 3:43
8. Um Dia 3:18
9. Clama-Claro 2:03
10. Pr'um Espaço 2:39
11. O Sonho 4:28
12. Estudo N° 5 2:02
Egberto Gismonti (p, g, voice)