Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Shura Cherkassky: Encore ! ピアノの音艶

 これは、昨年札幌で購入したもの。

kanazawajazzdays.hatenablog.com

 シューラ・チェルカスキーも好みのピアニスト。ウクライナ出身のユダヤ人でロシア革命後にアメリカ移住。経歴はまるでホロヴィッツ。芸風も似たようなものじゃないかなあ。やや小振りではあるけど、華麗な技巧。音の色艶がよい。

 以前、アンコール集をCDで入手していて、気に入っていた。

 これをLPレコードで入手。やはりピアノの音艶、が素晴らしい。ジャズだけでなく、クラシックも古いレコード盤には魔物が棲んでいることが実感できる。旧ソ連のメリディア盤に限らず、である。

 このときに入手したのは、メロディア盤、このアルバムに加え、ミケランジェリラヴェル:ピアノコンチェルト(両手)であったが、これもモノラルの素晴らしいものだった。

 
 
-----------------------------------------------------------------
Shura Cherkassky: Encore! (Classics For Pleasure)
A1. Clair De Lune (Claude Debussy)
A2. Waltz In C (Frédéric Chopin)
A3. Fugato Humoresque On The Theme Of Dixie (Mana Zucca)
A4. Contrebandiste (Robert Schumann, arranged by Peter Taussig)
A5. Ritual Fire Dance (Manuel De Falla)
A6. Ondo No Funa-Uta (Hatsune Okumura)
A7. Otemoyan (Hatsune Okumura)
B1. Le Cocou (Louis-Claude Daquin)
B2. Polk De W.R. (Sergei Vasilyevich Rachmaninoff)
B3. Boogie Woogie Etude (Morton Gould)
B4. Revolutionary Etude Op. 10 No. 1 (Frédéric Chopin)
B5. Zouaves Drill (Mana Zucca)
B6. Pavane Pour Une Enfante Defunte (Maurice Ravel)