Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

最近届いたCDとECM雑感

渡米前後で届いたCD。ちゃんとECMの新譜も聴こうとしている。

 このなかで圧倒的な破壊力はディレク・ベイリー、ジャマラディーン・タクマとカルヴィン・ウェストンによる「Mirakle」。ファンクではあるが、今聴くと、存外にしっかりジャズのオーネット一族のリズム隊とベイリーの組み合わせが意外であり、面白い。中毒性強い。

 ECM3枚のなかでは、デジョネットが少し意外感のある感じ(Electronicsが美味く効果を出せている)で、気に入った。勿論、ほかの2枚も十分楽しめるのだけど、この「意外感」のような部分が足りない。最近のECMは水準を維持しながらも、マンネリの感もあり、意外感のようなものが足りない。かつては、この意外感の玉手箱、のようなレーベルだったから。

 マレイとアレンの組み合わせも良かった。ヒックス以来じゃないかなあ、ピアノとズンズンくるようなどっしりしたジャズ。しっかりとした伝統芸の味、が美味しい。

 個別の盤については、時間があったら、ゆっくりと。