Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Aquarius Records, Originals Vinyl@San Francisco: 下町(?)のレコード屋へ

 サンフランシスコに着いて、ひと休みした後にレコード屋に。BART(鉄道)で行くことのできる店へ。24th streetと16th streetの間にある2軒。

 このあたりはヒスパニック系が多い地帯のようで、下町。嫌いな感じではない。活気がある。道路にはゴミも多く、また「酸えた臭い」も時折漂う、ちょっとヤバイ街の感じもあるのだけど、人通りも多く、殺気だった様子は全くないので、まあいいやとレコード屋のある通りへ。

 1軒めはAquarius Records。実験音楽(!)の音源が多い店で、それ以外は驚くほど少ない。小杉武久のレコードがあった。買っていないが。

 次はOriginals Vinyl。小さな店で在庫は多くない。だけど、それなりの取りそろえで、見て楽しい店であった。再発盤が多いのだけど(HoroのMax Roachを見かけて喜んだけど、再発だった。gmailのアドレスが書いてあった!)、そのなかに少しは気を惹くものもあった。

 結局、$10のレコード3枚。まあ満足かなあ。まだ店はあるので、次は違う地域に行きたい。怖い場所でありませんように。

オリジナルかは分からないが、ジャケットの紙の厚みがプレスの古さを主張。ギターはジム・ホールECMの源流的な室内楽的なジャズ

これもオリジナルかは分からないが、レーベルの凹み(groove)がプレスの古さを主張(か?)。
まあコンテンポラリーはずっとレスター・ケーニッヒの経営だったから、古そうなプレスだったらいいんじゃないかなあ。
(息子の代になって、早々にダメになったけど)
これもギターはジム・ホール。ベースはレッド・ミッチェルなので、聴くべし、である。 

最後はハザウェイ。真っ先に眼に入ったなあ。この手のアルバムが一番、日米価格差が大きいのではないかなあ。