Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

INTACT Recordsの近作チェック(フランクフルトで)

Irène SchweizerとHan Benninkのデュオがとても良かったIntact records。近年の高瀬アキさんのアルバムも。

ECMに迫るような統一的な世界観(確かに21世紀の音)を「仄かに」感じさせ、残響過多ではない録音も好み。

最近、リリースを加速しているような印象もあって、フランクフルトでの待ち時間を使って、試聴しながら近作をチェック。

網羅的ではないのだけど、気になるアルバムを並べてみた。bandcampでDL可能なものから、聴こうかと思う。

1. Sylvie Courvoisier: Miller's Rale (2015)
Sylvie Courvoisier(p), Mark Feldman(vln), Evan Parker(ts,ss), Ikue Mori(Electronics)
21世紀に生きている感に溢れる音。Beyond improvised music

2. Fred Frith: Another Day in Fucking Paradise(2015)
Fred Frith(g, voice), Jason Hoopes(b), Jordan Glenn(ds, perc)
一曲目の曲調がECMだけど、だから..

3. Florian Egli: Everything moves (2014)
Florian Egli(sax), Dave Gisler(g), Martina Berther(b), Rico Baumann(ds)

4. Richard Poole: In motion (2014)
Richard Poole(ds), Marilyn Crispell(p), Gary Peacock(b)
聴く前から聴こえそうな気がするが、やはり。

5. Angelika Niescier, Florian Weber: NYC five (2015)
Angelika Niescier (sax), Ralph Alessi(tp), Florian Weber(p), Christopher Tordini(b), Tyshawn Sorey(ds)

6. Aly Keïta, Jan Galega Brönnimann, Lucas Niggli: kalo-yele (2015)
Aly Keïta (Balafon), Jan Galega Brönnimann (cl,ss), Lucas Niggli(ds)
打楽器が浮かび上がる録音が凄い

7. Aruán Ortiz: Hidden voice (2015)
Aruán Ortiz(p), Eric Revis(b), Gerald Cleaver(ds)
とにかく格好いい

8. Tom Rainey: Hotel Grief(2013)
Tom Rainey(ds), Ingrid Laubrock(sax), Mary Halvorson(g)
時折歪む空間、が凄み。

9. Chico Freeman, Heiri Känzig: The arrival (2014)
Chico Freeman(ts), Heiri Känzig(b)
直球すぎるが、いいなあ。

10. Stephan Crump, Mary Halvorson: Emerge (2013)
Stephan Crump(b), Mary Halvorson(g)
Halvorsonが作る時空の歪みのような味、がいい。

11. Aki Takase: Flying soul (2013)
Aki Takase(p, Celesta), Louis Sclavis(cl), Dominique Pifarély(vln), Vincent Courtois(Cello)
現代音楽(メシアン風)とジャズのfusion