Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Hats & Records@Aveiro: 帽子とレコードの店


 ポルトでは、数軒のレコード屋を発見したが、開店時間とうまく合わせることができなくて1軒だけ訪問。気に入ったレコードはなくて、敗退。

 その後やってきたAveiroではレコード屋は1軒(みたい)。それが宿泊しているホテルの裏側の辻、にあるようで、仕事の後、早速でかけた。

 

 帽子とレコードの店。なかなか粋な感じの店主がやっていた。レコードの在庫は少なくて、ジャズは以下の1列。 

 だけど、なんとなく欧州の片隅の在庫って感じが楽しく、いい感じの買い物ができた。

ジスモンチはブラジル盤、あとはポルトガル盤。ともに共通の言語圏なんだなあ、と当たり前のことを気がついた。

急に大西洋が小さく感じた。

高瀬アキとの共演歴があるポルトガルのMaria Joao。ご当地アルバムなので入手。盤面をみると、スタンダード曲が並ぶが、大丈夫かなあ。

これ、メンバーが怖ろしく豪華。調べるとジャケット異種盤が実に多数。ジャケット違いを持っていたような気がするのだけど、どうだった、かなあ。

ジスモンチの名盤。日本国内では高価で手が出ていなかったが、約半額。うれしい。

ポルトガルで出会ったレバノン系ブラジル人のレコード、って、何となくなくいいでしょ?(何が!)